賃貸借の契約書 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸借の契約書

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は刃物の日です。
魚をたまに捌きますが、よく切れるものが欲しい今日このごろです。

会計帳簿について書いています。
今日は不動産の賃貸借に関する資料について。

不動産の賃貸契約ですが、契約書等の資料は大切に保管して下さい。
通常、部屋を借りると

・家賃の日割分
・敷金、礼金などの入居時に支払うもの
・仲介手数料

これらが出てきます。
こういった通常の処理では出てこないものについて、経理処理を確認しなければなりません。
預金通帳や領収書だけでは確認できないことも多いのです。

不動産を借りたときには、必ず資料をとっておいて下さい。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

愛だけでは乗り切れない(2020/09/26 07:09)

廃業こそ合理的に(2020/09/25 07:09)

このコラムに類似したコラム

他者からの指摘を受けること 高橋 昌也 - 税理士(2020/09/28 07:00)

数字を認識することの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2020/09/27 07:00)

愛だけでは乗り切れない 高橋 昌也 - 税理士(2020/09/26 07:00)

廃業こそ合理的に 高橋 昌也 - 税理士(2020/09/25 07:00)

厳しい決断にこそ、経理がものをいう 高橋 昌也 - 税理士(2020/09/24 07:00)