接遇・接客マナー研修の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

接遇・接客マナー研修 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

佐野 由美子

ビジネススキル講師、マナー講師

「企業のイメージアップ」と「サービス力向上」は人材教育から

良い「接客」と「ホスピタリティ」は、確かな「ビジネスマナー」が土台。名刺の使い方から、アポイントの取り方まで、「プロを育てる」ための丁寧な実務指導にこだわ…

佐野 由美子

神谷 昌義

パーソナルコーチ

セルフコーチングを用いたコーチングであなたが変わる!

経験・実績豊富なプロコーチがあなた専属になり、セルフコーチングを伝授します。自己の可能性や人生の方向性、能力発揮や自信の向上、人間関係改善などに完全サポー…

神谷 昌義

篠原 優子

研修講師

接遇は『気づく』ことから。感謝し感謝される接遇力指導!

キャビンアテンダントの現場経験を活かし、主に接遇マナー研修を実践型指導致します。IT化が進み便利な時代になっても、なかなか便利にならないのが、人間関係。ビ…

篠原 優子

西 ひとみ

マナー講師

人と人の橋渡し。心を結ぶ微笑みのマナーコーチ。

お客様一人ひとりの性格や要望に合わせたサービスが大切。無理やり押し付けられた笑顔や接遇では、人の心は動きません。私は「相手への思いやりの心」を大切にして、…

西 ひとみ

専門家が投稿したコラム

気になる「拒否」、あなたの相手への心遣いは大丈夫?

以前も「謙遜と謙譲の違い」について、コラムを書きました。今日は、「拒否」と「謙譲」の違いと、受け手の印象について書きますね。例えば、少し年配の方が頻繁に出かけることを知ったとしましょう。その場所が、なかなか、遠くて、荷物をもって移動することも知ったとしましょう。この2つは事実です。そして、その出来事を、わたしは、何か手伝えたらうれしいと思いました。また、荷物を持って移動するのはたいへんだろうなぁと...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

非日常を演出する難しさ

スギ花粉が飛ぶ季節になったようです。かゆい目と、ぐずぐずする鼻は、作業低下を招いています。しばらくの間の辛抱ですが、作業低下には、精一杯抵抗しようと思います。 さて、今日は、「おもてなしの追求」について書きました。 今、話題のお宿に行ってきました。非日常空間をとても楽しみにした旅行だったので、期待値はMAXまで、高まっての到着でした。 玄関に到着して、お宿の中に案内いただいたときから、既に少しずつ...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

素敵に・・・ネガティブなことを伝えるには

昨日、4歳の女の子の言葉に、心が躍りました。 今日は、自分のネガティブな状況を伝えるための言葉探しについて考えました。 これから、わたくしがライフワークにしたいと思う仕事の打ち合わせのため事務所に講師仲間をお招きしました。 お子さんと一緒に尋ねてくださった彼女たちのおもてなしにと、かわいいカップに入ったプリンを差し上げたところ、4歳のお嬢さんが、「これ、苦手・・・」と、スプーンを置きました。 あ!...

竹内 和美
執筆者
竹内 和美
研修講師

顧客満足/「おもてなし」の心や「気遣い」は伝わってこそ価値がある

アールオンワードの松岡利恵子です。 一流ホテルで培った接遇・コミュニケーションスキルと、長年の司会経験を生かしたプレゼンテーション術・話し方をお伝えしております。   「おもてなし」の心や「気遣い」は伝わってこそ価値があるものです。 しかも仕事ではプロとしての気遣いをいかに発揮できるかですよね。 それは気遣い=相手への配慮だけではなく、プロでない人が知らないこと、メリットになることを伝える、...

松岡 利恵子
執筆者
松岡 利恵子
研修講師

接遇診断コラム/同じ出来事の印象を180度変えるための応対とは

アールオンワードの松岡利恵子です。 一流ホテルで培った接遇・コミュニケーションスキルと、長年の司会経験を生かしたプレゼンテーション術・話し方をお伝えしております。   この場合にはこんな風に対応する、この質問にはこのような応える… という対応の仕方は理解していても、その伝え方の良し悪しで印象が180度、変わります。 以前、航空会社大手2社(仮にA社とB社としました)で小さなプロペラ機に乗っ...

松岡 利恵子
執筆者
松岡 利恵子
研修講師

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

接遇&クレーム対応研修

2014/07/15 10:55
松井 千恵美
(マナーコンサルタント)

「コミュニケーション」研修

2013/10/09 11:43
松井 千恵美
(マナーコンサルタント)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • 接遇・接客マナー研修に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積