全体最適と部分最適 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

全体最適と部分最適

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は公衆電話の日です。

災害の都度見直されていますが、今後どうやって運用されていくのでしょうか?

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

歩行を例に、例えば脚の筋肉だけを鍛えることがどんな悪影響を及ぼし得るのか?

 

これを商売に置き換えてみることも可能です。

とある製造小売の企業があるとしましょう。

現在この会社では、売上の減少に苦労をしています。

簡単に言えば営業能力の欠如が問題だとしましょう。

 

もしその時に「よし!!もっと効率的な製品の生産方法を構築しよう!!」と社長さんが言い出したら?

いやいや、だから問題は売る能力であって、作る能力じゃないんだってば…というツッコミが待っていることでしょう。

生産能力が上がり、過剰な在庫が積み上がり、管理の手間が増え、更に支出がかさみ…

 

ところが、往々にしてこういう「お馬鹿な対策」は実際に行われています。

経営学で言うところの全体最適と部分最適の分かりやすい事例です。

部分の最適(生産能力の向上)を目指すことで、経営全体に関してはむしろ悪影響が出ることもあるというお話です。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

このコラムに類似したコラム

身体と経営 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/12 07:00)

現代資本主義は終わるのか 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/12 07:00)

経営学は生命から遠ざかっている 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/25 07:00)

自分への気付き 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/24 07:00)

気の有無で大きな違いが出る 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/23 07:00)