あぁ社長業の悲哀…利益を巡るあれやこれや - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あぁ社長業の悲哀…利益を巡るあれやこれや

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はファッションショーの日です。
三男坊さんの服が気がつくと増えているんだよなぁ…。

会計帳簿について書いています。
外部関係者として課税庁と金融機関を取り上げました。

ここでよくあるお話を。
中小零細事業主としては、この2つの関係者に異なる態度を取りたいというのが本音です。


○課税庁は利益に対して税金をかけてくる。
だからなるべく利益を小さくしておきたいなぁ…。

○金融機関は利益があるかないかで融資についての態度が変わる。
だから利益はできるだけ大きくみせておきたいなぁ…。


課税庁と金融機関という外部利害関係者は、小さな事業者でも関わることの多い2大関係者です。
その両者に対して異なる自分をみせたくなることがしばしば。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

金融機関が会計帳簿を気にする理由 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/20 07:00)

会計職はなくなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/16 07:00)

真新しいものではない 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/29 07:00)

味方につける広報 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/26 07:00)

確約 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/23 07:00)