「未然防止」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家コラムランキングRSS

中西 由里
中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)
平岡 美香
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
小川 勇人
(建築プロデューサー)

閲覧数順 2024年06月15日更新

「未然防止」を含むコラム・事例

18件が該当しました

18件中 1~18件目

  • 1

JCBを騙る詐欺メール

今朝、下記のメールが来ました。JCBに確認すると全国で一斉に送信された詐欺メールらしいです。問い合わせ先の電話番号は正規のJCBのカスタマーを使い巧妙に偽装してます。皆さんも気を付けて下さい。本当に、こんなんに時間や頭を使うなら、ちゃんと仕事しろよって思いますね。===================================本メールはJCBカードのご利用にあたっての、大切なご連絡事項です。...(続きを読む

植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

消費生活センターの上手な利用方法3 消費生活センターはどこまで相談できる?Part2

こんにちは。消費者考動研究所代表 消費者教育コンサルタント/消費生活アドバイザーの池見です。 (前記事の続き) 3 消費生活相談窓口は何をしてくれるの? 前項でもご説明しましたが、消費生活相談員には、弁護士や司法書士のように本人に前に出て、本人に成り代わって意思決定を行う代理権がありません。あくまでも本人のバックアップサポートとして、本人の意向を確認しながら専門知識を最大限に活用してア...(続きを読む

池見 浩
池見 浩
(消費生活アドバイザー)

インプラント治療 成功のポイント⑤ ~インプラント治療に適した設備・環境とは~

デンタルケア・アドバイザーの石井です。 インプラント治療の成功には幾つもの要素が関係していますが、歯科医院の設備・環境も大切な要素のひとつです。今回はより安全で確実に治療がなされるために必要となる設備・環境を紹介します。 ● カウンセリングルーム インプラント治療は患者さまの理解と同意を得てから開始されるべきものです。患者さまが疑問に思っていることや不安に感じていることを気兼ねなく相...(続きを読む

石井 貴久
石井 貴久
(デンタルケアアドバイザー)

blog201403、会社法

blog201403、会社法 ・證券会社の損失補てんについて、取締役に対する株主代表訴訟事件(最高裁判所第2小法廷判決平成12年7月7日、民集54巻6号1767頁) ・弥永真生『演習会社法』有斐閣 (法学教室ライブラリィ) ・笹山幸嗣『MBO 経営陣による上場企業の戦略的非公開化』 證券会社の損失補てんについて、取締役に対する株主代表訴訟事件 最高裁判所第2小法廷判決平成12年7月...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/03/28 12:38

證券会社の損失補てんについて、取締役に対する株主代表訴訟事件

證券会社の損失補てんについて、取締役に対する株主代表訴訟事件 最高裁判所第2小法廷判決平成12年7月7日、取締役損失補填責任追及事件 民集54巻6号1767頁 【判示事項】 一 旧商法266条1項5号にいう「法令」の意義 二 会社がその業務を行うに際して遵守すべき規定に会社をして違反させることとなる取締役の行為と旧商法266条1項5号にいう法令違反行為 三 ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/03/18 09:49

企業には脅威! 消費者には安心!「消費者裁判手続特例法」(1/3)

今後の消費者行政が大きく変わる法令 “3年以内に施行” 。   消費者裁判手続特例法は『集団的消費者被害回復の訴訟制度』の実効性を担保するために制定された 特別法で、被害を受けた消費者にかわり 「特定適格消費者団体」 が当該事業者を提訴(訴訟)するこ とが出来るようになります。    ※ 「集団的消費者被害回復の訴訟制度」については下記のコラムをご覧ください。       ・被害者への救いの手...(続きを読む

西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

事業者は特定適格消費者団体による集団訴訟のプロセス理解が必須(3/3)

未然防止に欠かせない「知識と意識」。  今回は「いかにして集団訴訟に至る事案を防止するか」その防止策である『事案発生の未然防止』 についてお伝えいたします。  「事案発生の未然防止」はどの企業も行っているはずです、それでも問題となる事案は発生して います。 ではなぜ防ぐことが出来ないのでしょうか? 未然防止を行うにはいくつかのポイントがあります。 [知識・意識・組織・人材・管理マニュアル・管...(続きを読む

西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

事業者は特定適格消費者団体による集団訴訟のプロセス理解が必須(2/3)

制度のプロセス理解が“会社を救う” 。   今回は『いかにして集団訴訟を回避するか』その回避策をお伝えいたします。   重要なのはこの制度を理解することです。理解すれば対応策が見えてきます。 では、もう一度制度の概要を把握してみましょう。 この制度の【対象となる行為】  [1] 契約上の債務の履行の請求  [2] 不当利得に係る請求  [3] 契約上の債務の不履行/不完全履行による損害賠償の...(続きを読む

西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

事業者は特定適格消費者団体による集団訴訟のプロセス理解が必須(1/3)

「集団的消費者被害回復の訴訟制度」の狙いは。  前回は特定適格消費者団体による被害回復の集団訴訟制度のプロセスについて、消費者の立場から 見た制度についてお伝えしましたが、今回は『いかにして集団訴訟を回避するか』事業者の立場から見た 回避策についてお伝えいたします。 本題に入る前に、特定適格消費者団体による集団的消費者被害回復の訴訟制度は、何を目的とした制度 かを理解しなければリスク管理をしな...(続きを読む

西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

家賃滞納をさせない5つの実務的手法(家賃滞納未然防止)  不動産クリニック 不動産ドクター鈴木豪一郎

家賃滞納をさせないための5つの実務的手法(家賃滞納未然防止)  不動産クリニック 不動産ドクター鈴木豪一郎 大家業を営む皆さん アベノミクスの今日影響は感じていますか? 大家さんの多くは 『そうでもないな~』とおっしゃる方が多いと思います。 それもそのはず、空室率は増える一方ですからね。 人口は減っているのにもかかわらず相続対策などと銘打ってアパートマンション建築はあちこちで行われていますので...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

セミナーのご案内:技術者・研究者のための中国特許の基礎講座

◆セミナーのご案内 技術者・研究者のための中国特許の基礎講座 ■受講対象者: 技術者、研究者(技術分野は問わず)、メーカの知的財産権部員 ■修得知識: 中国特許の概要、中国特許出願・権利化の基礎、中国特許調査の仕方、 中国での紛争の未然防止   概要 技術者・研究者にとって今後、巨大市場である中国の特許を調べて読みこなし、 中国特有の制度を理解しながら出願する知識は欠かせないも...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)

資金繰り表管理の大切さ

資金繰り表「資金繰りの管理」は開業・創業まもない方から零細・中小企業、または成長過程にある会社とすべての企業にとってなくてはならない管理資料の一つと言えます。しかし、資金繰りの管理をしている企業様は、ある程度の規模になれば当然ながら経理部隊や財務部隊があり、そこで管理会計の一環として行っておりますが、実際お問い合わせいただくお客様の中で、管理をしているまたは作成したことがあるという企業は少ないのも...(続きを読む

五十嵐 弘史
五十嵐 弘史
(財務コンサルタント)

探偵業界の問題点 その3~「消費者トラブル解決」を謳う探偵~

独立行政法人国民生活センターによると、近年、出会い系サイトや競馬予想情報提供サービス、未公開株等の消費者トラブルを解決する等と謳う探偵業者に関する相談が、多数寄せられているようです。 要するに、「詐欺による被害金を我々が取り戻します」というような宣伝・広告、営業をしている業者が存在しており、それが問題の発端となっているということです。 被害金の回収、すなわち債権回収を代行する業は、原則的には...(続きを読む

松本 耕二
松本 耕二
(研修講師)

無許可業者への委託だけで許可取消の対象になります

9月8日付の山口県の記者発表 産業廃棄物処理業者に対する行政処分について 処分理由が、今年の4月1日からの違法行為に対してとなっているため、 2010年改正の元請事業者責任の不徹底が原因と思われます。 具体的には、建設廃棄物を処理業の許可を持たない下請業者に持ち帰らせたり、 下請業者に処分をさせていたのかもしれません。 「3か月間で21回の処理委託」という回数からも、頻繁に処理委託してい...(続きを読む

尾上 雅典
尾上 雅典
(行政書士)
2011/09/12 10:26

セミナー 知的財産権講座 「中国特許訴訟実務講座」

セミナーのご案内 知的財産権講座 「中国特許訴訟実務講座」 ~中国における補正の実務、権利行使及び技術的範囲の解釈について~ セミナー概要 ◇本講座では、権利化実務では、最も重要な創造性(進歩性)及び補正について実例に基づき説明し、訴訟実務では、民事訴訟の基礎、模倣品侵害事件を想定した権利行使プロセス、中国企業から権利行使を受けた場合の防御方法について解説し、権利範囲解釈では、司法解釈及び...(続きを読む

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)

「新型うつ」 ~今、企業では何が起こっているのか~

 最近、人材育成をする人事担当者や社員の健康管理を担当する産業保健スタッフ、及び若手社員を多く管理している管理監督者から、「若年層の不調者が多くなっている」と相談を受けることが多くなっています。また、企業でのカウンセリングや職場復帰支援などにおいても、対象者が若年層にシフトしている事を実感しています。    今、企業では何が起こっているのでしょうか。実際に若手社員の周囲の方より挙がっている声を...(続きを読む

見波 利幸
見波 利幸
(メンタルヘルスコンサルタント)

8月3日、アコード租税総合研究所、設立シンポジウム

先月、設立されたアコード租税総合研究所ですが、ようやく事務局の準備も ほぼまとまり、会員登録事務が始まりました。 現時点では、研究員の方が会員より多いという状況ですが、酒井所長が 色々な会に出席して、参加者や後援を募っています。 また、設立に当たって、シンポジウムを開催することが決まりました。 「納税者の保護と納税義務の履行の確保   ―租税行政手続の充実...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
2009/06/20 07:35

平成22年度予算編成の基本的考え方について

昨日6月3日は、平成22年度税制改革を占う上で、非常に重要な日でした。 午後に財務省において財政制度等審議会が開催され、 「平成22年度予算編成の基本的考え方について」が承認され、 これを受けて、夜には経済財政諮問会議が開催されたからです。 来るべき総選挙で政権が維持された場合には、こういう財政運営になるよ という方針が固まったと言えるでしょう。 「平成22年度予算編...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)
2009/06/04 11:08

18件中 1~18 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索