「性癖」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)

約30年の実績による舌側矯正と審美矯正。質の高い治療に努めます

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

小川 真也
小川 真也
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2021年01月22日更新

「性癖」を含む検索結果一覧

39件が該当しました

利用者からのQ&A相談

困っています

私は今、高校三年生なのですが、自分が異状性癖を持っているのではないかと不安です。小さい頃から、映画での拷問シーンや暴力シーンが怖いと思うのに異常に性的に興奮してしまいます。今はそれがエスカレートしてネットでそうゆう殺されるような漫画や画像、動画を見てしまいます。血は苦手だし痛いことをされるのもするのも嫌です。なのに他人がされているととても興奮します。また、拷問などで痛めつけられた末の死体にも興奮し...

回答者
吉田 靖
心理カウンセラー・パソコン講師
吉田 靖

異常な性癖

私には普通でない性癖があります。妻や恋人関係にある人間が別の男に取られる…いわゆる寝取られというやつです。あくまで(今の所は)創作物に限った性癖ですが、こんなもので興奮している自分への情けなさと虚しさ、現実の性癖にも影響を与えてしまうのではないかという恐怖を感じてしまいます。どうにか改善するといったことはできないのでしょうか。

回答者
蔵岡 龍明
恋愛アドバイザー
蔵岡 龍明

異常性癖を持っている自分が恐ろしくて仕方ありません。

私の性癖が物凄く恐ろしく不安です。私には、「映画や漫画で女性が殺害されるようなシーンに性的興奮を覚える」といった異常性癖があります。私は現在19歳ですが、幼少の頃から特撮番組等のそういったワンシーンに身体が反応していました。今まで一度も現実でそのような事をしよう、したい等と考えた事は無かったのですが、自分の性癖の異常さを意識し始め「このままではいつか自制が効かなくなって犯罪を犯してしまうのではない...

回答者
シェシャドゥリ(福田)育子
メンタルヘルスコンサルタント
シェシャドゥリ(福田)育子

異常な性癖があります。

55歳男性です。私は昔からサディスト的な性格があり、女性の強姦シーンや、残酷な拷問に掛けられている画像などを見ると異常に興奮し、暇な時などは長時間にわたってそうしたサイトを見てしまいます。また、女性下着フェチで、自分で女性下着を購入して、それを触りながら自慰行為をしています。妻の下着には全く興奮しません。私は異常でしょうか?高校生の双子の父親です。子供達は部活に勉強に精一杯励んでいます。それなのに...

回答者
小日向 るり子
心理カウンセラー
小日向 るり子

下着フェチで苦しんでいます

55歳男性です。私の女性用セクシー下着着用は実に小学5年生のころに始まります。当時、養父母に毎日のように虐待を受けていました。虐待は小学生の6年間続きました。猿ぐつわをされて叩かれたり、階段から蹴り落とされたり、縛って叩かれたり、拷問に近いものがありました。養母自身が不満を持っていて、そのはけ口に私を虐待していたようでした。ドミノのように、私も子猫や子犬を虐待して不満を発散していました。こん棒で足...

回答者
堀江 健一
恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー
堀江 健一

専門家が投稿したコラム

★バースディに思う♫

バースデーに思うー 皆様!いつもブログではお世話になりありがとうございます。 さて、今日10月29日はTO-RUのリアルバースディーそして、なんと20×3+3歳を迎えちゃうの♪ ついに、 とうとう、、 ここまで来てしまったという感じでこの年齢なるとお誕生日も微妙な感じだわー(*^^)v が、正直言って ==================今が一番幸せ================== だと思...

TO-RU
執筆者
TO-RU
恋愛アドバイザー

これだけ多くの人が暴動に参加しても、誰一人としてコロナに感染した人がいなかったって、すごいね!

今回のタイトルは、「世界の裏側ニュース」さんが現在のアメリカの暴動に関して書かれた記事の中に有ったもので、そのハイセンスなアイロニーに私が思わず笑ってしまった部分を使わせて頂きました♪ (^^✿   昔から行われて来た世界的なテロや暴動は、「カバールの完全なやらせ=毎度お馴染の自作自演」という事を暴いている方達が世界中にいらっしゃるので、調べれば調べるほど私達はそのカバールの汚い手法や証拠を...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

夫婦恋愛再燃の浮気解決のコツ゛離婚を恐れない”3つの効用

夫心をつかむ秘訣情報ゲットしたい方はこちら。 こんにちは、 夫婦円満コンサルタントの中村はるみです。 妻なら浮気夫や不倫女に嫌悪感を抱くのは当たり前ですよね。 でもそれは、“浮気夫撲滅や離婚回避を邪魔する妻のNG 反応”です。 今回は、望みを邪魔する「恐れ」についてです。 写真は癒しと笑いの感動のページ出典 1】離婚を恐れると奴隷になる 夫が浮気をすると、夫...

中村 はるみ
執筆者
中村 はるみ
性格分析交流術 夫婦円満R コンサルタント

ハズレ妻対策で夫の家庭内生存率を高める(1)

夫のハートをつかむ秘訣情報ゲットしたい方はこちら。 こんにちは、夫婦円満コンサルタントの中村はるみです。 男なら誰でも、ハズレ妻とは結婚したくないですよね。 でも結婚しちゃった男性に、救いの記事です。 ■ 「この結婚失敗だ」と感じるハズレ妻6タイプ 1.実家第一妻 2.浮気症の妻 3.育歴確執妻 4.計画第一妻 5.女系家族妻 6.贅沢、浪費妻 1】親離れし...

中村 はるみ
執筆者
中村 はるみ
性格分析交流術 夫婦円満R コンサルタント

「ドンファン症候群」「カサノバ症候群」とは

これまで「自閉症スペクトラム障害」をはじめ、あまり女性に縁のない男性をご紹介してまいりました。今回はその正反対、女性との噂に事欠かない男性諸氏の特徴について解説しましょう。記憶に新しいのは、過日、事件にもなりました「紀州のドンファン」ですね。 「ドンファン」は17世紀スペインに存在したという伝説上のプレイボーイの貴族で、やはり貴族の娘さんを次々と誘惑したといいます。一方「カサノバ」は18世紀に実...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「性癖」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (7件)

  • コラム

    (32件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索