「為替」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「為替」を含むコラム・事例

986件が該当しました

986件中 1~50件目

A.I.を学ぶ大学留学の方法NEW

A.Iを学べる海外の大学を調べていたところ大澤様の記事を拝見し、連絡させていただきました。 大学の候補や、入学方法、授業料など検討もつかない事が多く、ご教授いただければと思います。   丁寧で礼儀正しいご質問をいただきました。 カナダのA.I.についてはパートナーが実際に関与していることもあり、日本からの優秀な若者への有望な進路としてコラムなどでお勧めしています。   質問者ご本人にも...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

円安再進行の足音

周知の通り、株高の大きな要因となる円安。 実際の2007年から2016年における過去10年間の「日経平均・ドル円」相関係数は0.91で、非常に強い相関が示されています(0.7~0.9:強い相関、0.9~1.0:非常に強い相関)。 リーマンショックの影響があった2009年は例外で負の相関が発生していますが、全体では現実感のある結果となりました。 ただ2017年は、ドル高・円安要因となる米国の政策金利...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

蘭エイントホーフェンのラウンドアバウト

自転車大国オランダ。 石油危機や自動車事故の増加問題等により自動車中心の都市・道路構造から決別し、自転車専用ネットワークの構築に注力した事から、現在の大国が築かれました。 自転車専用レーンは明確な標識や舗装、追い越しを可能にする道幅など徹底した普及促進策が採られ、各地で定着しています。 価格上昇の続く国内自転車市場。 2011年以降の「生産単価・輸入単価」推移は以下の通りです。 ■自転車単価推...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

為替 -円安と円高について-

こんにちは川口幸子です。   「為替」ってよくわからない。。なんだか難しそう。。 実は私たちの生活にとても身近なものなのですが、とっつきづらくて敬遠している方も少なくないと思います。 今日は「外国為替」について簡単に解説します。 ニュースなどでよく「円高」「円安」という言葉が流れてきますね。 この「高い」「安い」は円の価値が高いか安い(低い)か、ということを意味します。  ...(続きを読む

川口 幸子
川口 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
2017/05/13 16:17

72の法則

今日は「72の法則」について少しお話します。 知ってる人は知ってますし、知らない人はまったく知らないですね。当たり前か(笑)   これは元本が2倍になるために必要な年数を割り出すための複利の法則です。   assets72 この法則にしたがって計算すると、金利7%の時代であれば元本は約10年で倍になります。 実は高度成長期後の1970年〜1980年代に日本でもこのよ...(続きを読む

川口 幸子
川口 幸子
(ファイナンシャルプランナー)

金融機関が外貨建て保険の販売に力を入れているワケ

今回は「金融機関が外貨建て保険の販売に力を入れているワケ」 についてお伝えいたします。 2016年4月頃から貯蓄型保険の販売停止や予定利率の 引下げによる保険料引上げなどが相次ぎました。 また、金融庁が定める標準利率の引下げ(1%⇒0.25%)により、 2017年4月以降、円建て貯蓄型保険の魅力は完全に失墜。 生命保険各社は、終身保険や個人年金保険などの貯蓄型保険の 予定...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

日経記事;『みずほ、IT新会社 伊藤忠などと、AI活用し新事業』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 4月30日付の日経新聞に、『みずほ、IT新会社 伊藤忠などと、AI活用し新事業』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『みずほフィナンシャルグループ(FG)は6月をメドに、IT(情報技術)分野のベンチャー企業をつくる。仮想通貨や人工...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

どの数字を見ればいいか分からないんです by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 先日もご案内しましたが、 経営者必見のこちらのセミナーは もうチェックされましたか? ==================== 所得税、住民税、社会保険料を 減らしたいという経営者の方へ、 国の制度として 始めればすぐにあなたの税金と社保が 減額される方法をご存じですか? 知らないなら、10年後にきっと後悔します。 ...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
2017/04/11 00:24

日経記事;『ビットコイン対応26万店 リクルート系やビックカメラ導入 投資対象から決済へ』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 4月5日付の日経新聞に、『ビットコイン対応26万店 リクルート系やビックカメラ導入 投資対象から決済へ』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『仮想通貨ビットコインを新たな決済手段として店舗に導入する動きが広がり始めた。ビックカメラは...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

日経記事;『送金効率化へ世界連合 三菱UFJ、米欧豪6行と来年 仮想通貨技術を活用』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 3月31日付の日経新聞に、『送金効率化へ世界連合 三菱UFJ、米欧豪6行と来年 仮想通貨技術を活用』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『三菱東京UFJ銀行は2018年初から、仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

今から始める老後資金づくり

老後資金をいくらためたらいい? 老後資金はいくら貯めたらいいのだろうか。よく言われるのは60歳までに3000万円。85歳まで生きたとしたら25年間毎年120万円(利息は考慮しないとすると)使えることになります。年金が毎年夫婦で280万円もらえるとすると400万円の収入になります。月約33万円です。今の生活と比べてどうですか。ご自身が老後にやりたいと思っていることはできそうですか。人生を満足して終...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
2017/03/19 13:55

フィンテック(金融とITの融合)で資産運用が変わる?

1.新興ベンチャー企業が投資を身近に感じられるようなサービスを展開  1.ロボアド(ロボット・アドバイザー)・・・ウェルスナビ 1月末に提携したSBI証券を経由した口座開設が急増。わずか1ヶ月で25億円の運用資産を集めたようだ。 このサービスは、スマホなどで簡単な質問を答えるだけで、その人に合った資産運用を教えてもらえるもの。 専門的な知識は必要なく、少額投資からスタートできるという...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

外貨で受け取る「国から」の年金

先日、アメリカ駐在経験のある年金受給者とお話しする機会がありました。 お話をお聞きしていると、「社会保障協定」の1期生(?)のような方でした。 やはり、お手続きや受取にも、ご苦労があったようで。 ところで、(先述の)その方とのお話で、改めて(というよりも、今さら)気が付いたのですが、 「アメリカ政府から支給される年金はドル(外貨)」なんですね。 当たり前と言えば、当たり前ですが。 ただ、実...(続きを読む

大泉 稔
大泉 稔
(ファイナンシャルプランナー)
2017/02/23 23:49

所変わればお金の価値も変わる ~店で違う為替レート~

海外旅行で頭を悩ませることの一つに両替があります。できるだけ有利に両替をしたいということで、インターネットでも様々な情報が出回っています。さて、ミャンマーでは、チャットという貨幣が使われます。現地では、日本円からチャットへの両替は難しいとのことでした。そこで、地元の銀行と関西国際空港で日本円を米ドルにし、それから更に現地で両替しました。  ここからは、米ドルとの交換レートの違いをみていきます。1月...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)

日本の20年度財政黒字化困難で、外貨資産保有割合の見直しを

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。昨日の日本経済新聞の1面見出しは「20年度黒字化困難に」でした。 今月25日の経済財政諮問会議で中長期の財政試算をしたところ、2020年度に8.3兆円の赤字を見込んだそうです。 安倍首相は財政黒字化の目標の旗は降ろさない方針のようですが、日本政府が世界に対する事実上の国際公約を行った「2020年度のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の黒字化...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

NYダウ ついに20,000ドル突破! これからどうなる?!

25日ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は、前日比155・80ドル高の2万68・51ドルで、終値として初めて2万ドルを突破しました。トランプ米大統領の経済政策で米国景気が拡大するとの期待感から「トランプ相場」が続いているようです。 しかしトランプ大統領はメキシコ壁を作ったりTPP離脱したり、やることがワイルドですね。当面は経済的には良い数がでるでしょうが、貧困の暴騰やテロ、ポピ...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2017/01/26 12:00

外貨保険販売でトラブル

銀行で外貨保険販売が広がっているようです。 国内の低金利状態で国内生保の商品に人気がないために、米ドルや豪ドルなどの高利回りの「外貨建て保険商品」がよく売れているそうです。この外貨建て商品の販売手数料は5~8%と高く銀行も必死に販売していますね。 その一方で、「こんなはずではなかった」「そんな話は事前に聞いていなかった」という苦情の類が増えています。とくに、商品を購入した高齢者の親族からのクレ...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

15年目の抱負 ~90歳まで安心のライフプラン~

あけましておめでとうございます。ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。金融業界は年末ギリギリまで営業なので、私も例年通り30日まで普通に仕事して、息子と事務所に泊まり込んで大掃除を行い、正月はサッカーの天皇杯決勝、箱根駅伝や「とんねるずのスポーツ王は俺だ!」にライスボウルなどで、スポーツ観戦三昧の毎年変わらない年始を過ごしました。 「90歳まで安心のライフプラン」を合言葉に 昨年は...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

今年1年を振り返って

今年も1年いろいろなことがありました。 資産運用について言うと、 ・日銀によるマイナス金利の導入(2月) ・英国民投票でEU離脱を決定(6月) ・米大統領選でトランプ氏勝利(11月) など、マーケットを大きく動かす出来事がありました。 ・為替 為替は、年初に1ドル=120円からスタートし、 その後、1ドル=100円を割り込むところまで進みました。 個人的には、マイナス金利の導入で円安にな...(続きを読む

森本 直人
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)

「中国の外貨準備 大幅減少!」

こんにちは! さて、中国人民銀行の発表によれば、11月末の外貨準備高が、 前月より691億ドル(8兆1500億円)減少し、 3兆516億ドルになったとのことです。   これは、5年8か月ぶりの低い水準です。 中国の外貨準備高は、2014年がピークで約4兆ドルあったため、 1/4が減少したことになります。   主な要因としては、トランプ氏が米大統領に当選以降、 急激な米ドルの上昇...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

ドルは何処まで上昇するか?125円通過説

金利差が一気に拡大 ドルがどこまで上昇するのか?中々判断はしにくい現在です。 トランプ氏が次期大統領に確定してから一気にドル円相場が変わりましたが、なぜ変わったかは2国の金利が決定していきます。 下の表は2016年の日本とアメリカの10年国債の金利です。 2016年の日米金利と為替 日本国債 アメリカ国債 金利差 ドル円 2016年1月 0.264% ...(続きを読む

三島木 英雄
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

【セミナー開催情報】月々0円から不動産投資を成功させる方法≪不動産投資中級者編≫

先日の米国の大統領選挙は、予想外にトランプ氏の勝利でしたね。 テレビ越しに観ているだけでも、アメリカ国内の混乱が見て取れます。 今回の件で、日本においてはどのような影響が考えられるのでしょうか? 為替や株価、その他あらゆる局面での変動がみられることでしょう。 メディアはあらゆる不安をあおっておりますが、 実際のところはどうなってゆくのでしょうか・・・少し不安・・・。 日本の不...(続きを読む

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
2016/11/11 17:43

「貿易収支 2.4兆円の黒字に!」

こんにちは! さて、財務省が発表した 2016年4-9月期の貿易統計速報によれば、 輸出額から輸入額を引いた貿易収支が、 “2兆4580億円”の黒字となりました。   これで黒字は、2半期連続となり、 また東日本大震災前の2兆6億をも上回りました。   “復興”といった印象も受けますが、 とはいえ、その中身を見てみると、 手放しで喜んでばかりもいられない状況です。   輸...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

日経記事;『電子部品 受注低迷長引く 7~9月、4四半期連続減少 村田や京セラ、脱・スマホ依存探る』考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 10月23日付の日経新聞に、『電子部品 受注低迷長引く 7~9月、4四半期連続減少 村田や京セラ、脱・スマホ依存探る』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『日本の電子部品メーカーの受注低迷が長引いている。大手6社の2016年7~9月期...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品

9月に、金融庁から平成27年事業年度版の金融レポートが発表されました。 http://www.fsa.go.jp/news/28/20160915-4/01.pdf 同レポートは日銀の金融政策や銀行等金融機関の経営についての見解を述べるなどに多くを割いていますが、森信親氏が長官に就任されてから、金融庁の立ち位置を顧客(≒個人投資家、生活者)寄りに修正されたことから、我々個人投資家にとって、極めて有...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

紙を支配したジェノヴァ人

太陽の沈まぬ国と称されたスペイン絶頂期における、絶対主義の代表君主であった、かのフェリペ2世。 1556年に即位し、翌年に最初のバンカロータ(破産宣告)を行いました。 21日、金融緩和策を総括的に検証しその結果を発表した日銀。 金融緩和強化のための新しい枠組み「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」が導入されることになりました。 昨年までの主な長短金利推移は以下の通りです。 ■国債金利・年平均推...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

学びを深めるということ。

なんらかの出来事に対して事が上手く運ばないとき、時としてそれを知識不足だからと一言で片づけてしまう。 情報があふれて吸収できないほどの情報化社会において、多少の検索技術があれば、不足する知識は少ないし、反対に全ての知識を得ている人など存在していないと私は考える。 だとしたら・・・不足しているのは知識ではなく、別のもの。   失敗したら恥ずかしいと思う気持ちや、経験不足、チャレンジを恐...(続きを読む

杉浦 詔子
杉浦 詔子
(ファイナンシャルプランナー)

マイナス金利、円高などによる生保の逆ザヤに要注意

1.生保の業績悪化が鮮明 2016年4月~6月期決算は、主要生保8社中6社の基礎利益(一般の会社で言えば営業利益に相当)が前年同期比で減少した。 首位の日本生命は1.5%減。 第一、住友、明治安田、富国、朝日はいずれも2桁減益となった。 業績悪化の要因の1つが、急激にすすんだ円高。 主要生保の昨年6月末の想定為替レートは1ドル=120円前後であったが、今年6月末は、100...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

8月22日〜8月28日に投稿したなう

融資の悩み相談 銀行対策・資金繰り改善コンサルタント 渕本さんの投稿したなう 輸出をする時の運転資金の借入と為替予約について ⇒ http://ginko-taisaku.com/consul_blog/archives/52508/24 18:00 担保不動産の処分・売却・競売の考え方について ⇒ http://www.ginkotaisaku.com/article/15185771.h...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)
2016/08/29 12:45

30代、老後資金準備とインフレリスク

  マイナス金利の今、長期金利が低下していますね。老後資金の準備をどうしたらいいのでしょうか。今の低金利で金利を長期で固定するとインフレリスクを抱えることになります。30代、どのように老後資金を貯めたらいいのでしょうか。30代はまだ老後まで時間があります。時間を味方につけることです。また、時間があるため失敗しても取り返すことができます。今のような低金利時代には、価格変動リスクのある商品や為替リスク...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
2016/08/28 13:00

輸出をする時の運転資金の借入と為替予約について

輸出をする時の運転資金の借入と為替予約について 2016年7月19日に配信した、第103回のメルマガで、 ・輸入をする時のL/Cの開設と運転資金の借入について 解説したところ、逆に、輸出をするときの資金調達などについて、質問がありました。 輸出をする時の運転資金の借入と為替予約について 元銀行融資審査課長で、事業資金融資に詳しくアドバイスする、コンサルタントが、解説しました。 ⇒...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)
2016/08/24 18:03

AIロボは流行り?

最近投資の世界でもAIが流行っております。 例えば、銀行ではアセットアロケーションに利用したり、外貨の買い時を判断してくれたりと。 膨大なデータを処理する能力は人間よりも優れている点は認めざるを得ないかと。 うちのクライアントでもあるロジックで為替や株などの売り買いのシグナルを出すシステムを持っているのですが、そのシステムが優れているのは為替や株のような金融商品だけではなく、データさえあ...(続きを読む

大黒たかのり
大黒たかのり
(税理士)
2016/08/08 09:31

年金・社会保障はどうすればよいか

7月10日に参議院選挙がありました。 各種世論調査によれば、最も重視する政策のトップは、 年金・社会保障制度とのこと。 そこで、今回、いちFPとして、年金制度についての 個人的見解を書いてみようと思います。 ・超高齢化社会 日本は今、人口の約25%が65歳以上という超高齢化社会です。 人口減少社会も始まっています。 そして、将来を不安にさせている大きな要因が年金制度です。 年金制度...(続きを読む

森本 直人
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)

IMFが世界経済見通しを発表~英国のEU離脱の影響は~

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。7月19日に国際通貨基金(IMF)が最新の世界経済見通しを発表しました。IMFは四半期ごとに世界経済見通しを発表していますが、今回はとくに6月23日に行われた英国のEU離脱の国民投票の結果を受けての発表なので注目していました。私自身は複数の国内大手運用会社の業務に関わって金融機関での講演などをしてきた経験がありますが、その中で感じてきたことは証券系...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
2016/07/21 14:28

リスクオフ局面で、円が買われる理由

1.イギリスのEU離脱決定で円が急騰 イギリスのEU離脱が決まった6月24日の外国為替市場で、主要通貨に対して、軒並み円が買われた。 EU離脱が決まるまでは、1ドル=103円だった円相場は、わずか4分間で、99円まで急騰。 (日経平均は1,286円の下げ)    欧米諸国で保護主義とポピュリズムが勢いを増して、グローバル経済に負の連鎖を想像させ、不安におびえた投資家が、一気に円買...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

【金融庁も手数料稼ぎに目を付けている!】円高でも外貨建て保険には入ってはいけない

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。今は世界的に低金利なので、このタイミングでは外貨建て保険には加入してはいけないことを今年3月に書きました。 2016年3月25日 『今は外貨建て保険に加入するべきタイミングではない』  http://profile.ne.jp/pf/itsuro-kubo/c/c-169362/ また、外貨建て保険はコストが高いから、円高メリットを活かすにしても外...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

投資信託の分配金 下げが相次ぐ

投資信託から毎月受け取る分配金が相次ぎ減少しています。 その要因は為替の円高や世界的な低金利が進むことによって分配に回す原資が減っているためです。 私が持っている投信の分配金も半分になってしまいました… 7月以降もイギリスのユーロ離脱よって景気の逆風が強まっているために、かなり分配金が下がると推測されます。 以前から私は分配金に頼った投資信託は????とお伝えしていましたが、今になって...(続きを読む

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
2016/07/05 08:59

手放す勇気

こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原と申します。私は妻の資産管理のアドバイスをしています。 昨年のことです。「投資信託に利益が出たから売りませんか?」って電話がかかってきたのだけど、どうしたらいいかね?」と、相談されたので、私は 「売ったら他の物を買わされるけ~そのままにしておいたら」と言いました。 今売るよりその時に利益確定しておけば、たくさん利益は出ていました。 ...(続きを読む

上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
2016/06/20 22:03

「ロンドンで、30億元!」

こんにちは! さて、この度、英国ロンドン市場において、 中国が人民元建ての国債を、 30億元(約500億円)発行したと発表がありました。   中国が、国内以外で元建て国債を発行するのは、 これが初めてです。 この数年、「元の国際化」を目指し、昨年の11月には、 国際通貨基金のSDR(特別引き出し権)に採用された人民元ですが、 今回も国際化に向けての一環とみられています。   ...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

外貨建て保険への加入は、日本との金利差が3%以上になってから

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。 現在発売中の『Financial Adviser』の外貨建て保険の特集に原稿を書かせていただきました。     2月16日からマイナス金利が導入されて、長期金利もマイナス(2016年5月26日現在、-0.11%)の状況が続いています。 この結果、円建ての貯蓄性のある保険商品の魅力は完全に失われました。 今月に入ってソニー生命が個人年金保険などの販売...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

「FX取引 5524兆円に!」

こんにちは! さて、2015年度の外国為替証拠金(FX)取引額が、 5524兆円に上ったことがわかりました。 前年より18%増加し、 4年連続で過去最高を更新しました。   「ドル・円」取引が全体の6割を占め、 日本だけでも3割の取引額となっています。 いまや、個人のFX取引は、輸出企業の売買高を上回っており、 完全に「実需」を投資(投機)が抜いた格好となっています。   以...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

上海総合指数低迷 先進国・新興国株価指数・国債利回り・商品先物価格週間騰落率

今週の世界の各指標日々の騰落は大きいものの週間では小幅な動きでした。 上海総合指数の動向 下図は、中国の上海総合指数(ブルー)と香港ハンセン指数(黄色)、そしてMSCIエマージング指数(紫色)の年間騰落です。 上海総合指数は、昨2015年6月8日の高値5,131.88㌽から本年1月28日には2,655.66㌽まで-51.74%急落しました。約半値です。その後若干の上昇がありましたが、...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

5月6日為替は円高へ 先進国・新興国株価指数・国債利回り・商品先物価格週間騰落率

先週は日本の市場が休んでいる間、為替は円高に進み、日経平均、TOPIXは大きく下がりました。 ■  SDR通貨と円相場 下図は、SDR採用通貨である、米ドル(紫色)、ユーロ(黄色)、ポンド(ブルー)と円の交換レートです。期間は2015年5月8日から2016年5月6日です。年初から各通貨に対し円高が進んでいます。先週5月6日金曜日の三菱UFJリサーチの中値は円ドルが107.39円、円ユーロは1...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

日経記事;『アップル曲がり角 1~3月13年ぶり減収 ハードからソフトへ転換急ぐ』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 本日は、二日前の記事になりますが、4月28日付の日経新聞に掲載されました『アップル曲がり角 1~3月13年ぶり減収 ハードからソフトへ転換急ぐ』の記事について考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『米アップルの成長神話が曲がり角にさしかかっている。斬新な新製品をタイミングよく投入して事業を拡大して...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

成功の基本はやり続けること。これは投資にも言える!

1.波乱続きの株式、為替市場 波乱続きの相場は、今後も中国経済の行方、原油価格の変動、各国中央銀行の金融政策などにより、乱高下が続くだろう。 そんな状況でも資産運用でしっかり利益を出す(成功する)にはどうすればよいのか? 2.常に市場と向き合う 1月27日の日経新聞に掲載された内容は、「常に市場と向き合う」という私の投資方針と合致するものだったので、まとめた内容を以下に紹介...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

中立的なアドバイザーによる 投資の基礎知識とETFの活用による国際分散投資セミナー

中立的なアドバイザーによる、投資の基礎知識とETFを活用した、長期国際分散のポートフォリオ作りのセミナーを開催します。 開催日第Ⅱ回  2016年4月29日(金曜日) 13:00~15:30 セミナー名投資の基礎知識とETFの活用による国際分散投資 ★ セミナーの概要 皆様は「アセットアロケーション(資産配分)」と「売り手の利益が買い手のコスト」という言葉を知っていらっしゃいますか。 投資の原...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

資産フライトは要注意!資産フライトのリスクと落とし穴

安易な資産フライト、特に不動産の購入にはリスクが ―――自分の資産を日本だけにとどめておくのではなく、日本以外の国へ資産を移す「資産フライト」が増えていると聞きます。なぜですか? 「グローバル化に備えて、というのは表向きの理由。多くの場合、節税や日本が抱えるリスクに備えるためでしょう。超高齢社会の到来による年金財政の悪化、進まぬ財政再建と累積する財政赤字…今、日本にはさまざまな問題があります...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
2016/04/11 16:00

4月8日為替相場と日経平均及び株価指数・国際利回り・商品価格週間騰落

今週の日経平均は、円高の進捗に対応して急落しました。4月5日の米国市場で1年5か月振りに一時109円台を付けた影響で、6日の日本市場も110円台の円高になり、日経平均は15,715.36円まで下落しました。4月7日、4月8日は小幅な上昇で、今週末は15,821.52円で引けています。 ◇ ドル円相場と日経225平均の推移 今後の円高に備えて、円ドルレートの各段階で日経平均がどうであったかを過去デ...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
2016/04/09 17:47

非居住者の海外資産の資産運用方法とポイント

日本ではじめた資産運用は海外に住んでも続けることはできる? ―――海外に住むとなっても、日本にいるときにはじめた資産運用は続けられますよね?ネットで取引できれば海外でも変わらずに取引できますし、長期投資ならそのままにしておいて、配当を受け取れれば問題ないのではないでしょうか? 「現在は経済がグローバル化している時代ですから、資金は簡単に国境を越えて飛び交います。海外在住者も資産運用を続けられ...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

不動産投資よりREIT?その特徴・違いとは?

「不動産をもたない地主」と呼ばれるREITの投資家 ―――不動産投資で資産形成をすることはできますか? 「不動産に関心があるのなら、REITのこともぜひ知っておきたいですね」 ―――REITとは何ですか? 「REITは、『Real Estate Investment Trust』を意味します。多くの投資家から集めた資金で、オフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
2016/04/07 17:34

986件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索