「住宅費」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「住宅費」を含むコラム・事例

24件が該当しました

24件中 1~24件目

  • 1

IKEAレポート!人生満足度が最下位な東京の暮らし

IKEAが行った世界13都市の生活調査によると、 人生の満足度は「東京」が最下位! 家に対する満足度も最下位でした。 IKEAのホームファニッシングにプレゼンの前に すでに衝撃受けてしまいました。 これは「日本」ではなくて「東京」ならではの現象だと思いますが・・・・・・ 住環境の厳しさ、所得に占める住宅費の高負担は しみじみと感じるところ。 一方で街には欲望をかきたてるモトがたく...(続きを読む

すはら ひろこ
すはら ひろこ
(インテリアデザイナー)
2016/08/23 16:46

定期保険の基礎知識

定期保険の基礎知識 働き盛りのお父さんの多くが、「もし、自分の身に何かあったら…」とご家族の生活保障を目的に加入されている生命保険。あなたは、ご家族あるいはご自分が契約した生命保険の設計を知っていますか? 人はいつか亡くなってしまうもの。残念ながら保険の対象となる方(被保険者)が亡くなった時、支払われるのが生命保険金です。ここでキーワードとなるのが「定期」と「終身」。文字通り、定められた期間内...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)

貯金ができない人は、節約の仕方を間違えています。

これから貯金したい女子必読の無料メルマガ配信中! 『マネー美人になる為の3箇条7日間メールセミナー』 こんにちは、ご訪問いただきありがとうございます。 家計から金脈を見つける専門家、ファイナンシャルプランナー藤原です。 メニュー/アクセス/ご相談の流れ/電話をかける/メールで予約 貯金ができない人は、節約の仕方を間違えています。 毎日節約頑張っているけど、思うようにお...(続きを読む

藤原 良
藤原 良
(ファイナンシャルプランナー)
2014/02/09 18:30

「住宅ローン」を借りる前に 覚えておいてほしいこと。

マンションなどの住宅購入は、多くの人にとって恐らく「一生にそう何度もない大きな買い物」です。そして、多くの方が現金で買うのではなく「住宅ローン」を利用することと思います。 この「住宅ローン」は個人の方にとって高額な借入金であることから、組み方を失敗すると、自らの人生を不幸にしてしまうほどのものです。ですので、不動産会社の一担当者や銀行の担当者が言っていることを鵜呑みにするのではなく、自分でもしっ...(続きを読む

後藤 一仁
後藤 一仁
(不動産コンサルタント)

大学進学に必要な、親の長期的な準備(貯蓄)と子の準備(奨学金)

春のこの時期は、大学に進む方達の学費や生活費の質問が数多く寄せられます。 そこで、大学生活に必要な資金の額とそれを支える家族・本人の調達額等を纏めて紹介します。 支出の面では、なんといっても学費があります。 文部科学省の私立大学等平成23年度入学者に係る学生納付金等の調査結果に記載されている、初年度学生納付金の調査概容は、 平成23年度の私立大学(学部)における授業料は857,763円、入...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

兵庫県川西市の任意売却

兵庫県川西市で任意売却の取引がありました。 この兵庫県川西市の方は ある自営業をされていて昨今の不況のあおりで 経営に行き詰まり、住宅ローンを支払えなくなっての相談でした。 相談いただいたのが昨年の今頃でしたから ちょうど1年後に任意売却でしました。 この兵庫県川西市の方のように 任意売却は半年から1年くらいはかかるものです。 ただし、任意売却期間中は住宅ローンの支払いはしませんし、 任意...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

定年後の生活が不安

はじめよう家計管理Ⅰ  日本はお年寄りが増え、子供の数が減っており、老後の生活に漠然とした不安を持っている方が多いのではないでしょうか。その漠然とした不安から明確な問題点を探し出し、何か対策を立てなければなりません。そのまず第一歩としてご自身の家計がどうなっているのかを把握することが大切です。今回はその方法について数回に分けてお話します。 まず今後の計画を立てる上で重要になってくるのが現状の把...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
2013/01/25 16:23

任意売却中は引っ越さなくてもいいの?

任意売却は、通常売買と変わりません。 ですから、 購入希望者が現れて売買契約が終了してから 約1ヶ月から2ヶ月くらいの猶予期間中に 新しい引越し先を探して引っ越していただきます。 このことは債権者も認めていますので 任意売却期間中はローンの返済はしませんので 住宅費はかかりません。 この任意売却期間中に 出来るだけ引越費用や生活資金を貯めていただきたいのです。 (続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

支出の見直し

前回のブログで『キャッシュフロー表の分析と対策』について書きましたが、今回からはその対策案について一つずつ説明を加えていきたいと思います。 まず、① 支出の見直し について、 前回対策案に列挙しました ④ライフプランの行事費の予算額の見直し並びに⑤ライフプラン自体の見直しは横に置いておいて、通常の生活においてかかる費目(食費、水道光熱費、通信交通費、医療費、被服費、生活雑貨・日用品...(続きを読む

西内 純
西内 純
(ファイナンシャルプランナー)

定年過ぎて大きくのしかかる住宅ローン

定年を過ぎているのにまだ10年以上もの期間の住宅ローンが残っていて 少ない給料と年金からの支払では苦しい。 どうしたらよいのでしょうか? このような相談が多くきています。 今の日本ではこのように定年を超えてからの 住宅ローンの支払は厳しいものがあります。 駅のトイレ掃除やコンビニのアルバイトなど 定年を超えているであろう方の姿を時々見かけます。 皆さん全員が 住宅ローン返済のために働いているので...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

死亡保険②必要保障額を正確に計算して見ましょう。

前回は、必要保障額を概算で出しました。 細かくなりすぎると、イメージしずらくなるので。 ただ、ご興味がある方のために、より正確に計算してみましょう。 お子様が大学卒業するまでを親の責任と考えて、ほんとうに必要な保障額を一度、考えて見ましょう。 1.残された奥さまとお子さんとで3人で暮らす生活費 (月○○万円×12ヶ月×上のお子さんが大学卒業するまでの年数) 2.上のお子さん大卒後、したのお子...(続きを読む

佐野 明
佐野 明
(ファイナンシャルプランナー)

インフレへの対応策で最も重要な、保険料支出の見直し

支出の中で、住宅に関する支出の次に来るのが、保険です。保険に加入する際に、保管会社の営業と関わらずに保険をお選びに為る事は少なく、多くの方は営業から進められて加入してしまいます。これが、一人当たりの保険料が世界一の要因の一つです。 インフレーションの際には、家計の内で基礎ときな費用が増加します。ローンの返済は必須ですから、まず手を付けるのは保険の見直しです。 あなたが、保険に加入された、または...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

将来計画で用いる期待リターンの考え方

昨日のコラムで、老後資金を貯める際の資産運用についてご紹介しました。貯金で貯める場合と、資産運用しながら資産を増やし、老後はその資産を運用しながら取り崩すことが、ベターで有る事をお客様に説明しています。 イメージ図として掲載します。 仕事に就かれている間に、将来の老後生活のための資金を蓄え、完全退職後の消費支出が年金等の収入では赤字になる分を資産の取り崩しで補います。 この場合、最初に行うこと...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

国内ロングステイ 住みたい施設としたいことは

ロングステイ調査2009から、住みたい施設は下記のようになります。 60歳以上では、家具つきの賃貸がトップで、2位は公共の施設、3位はペンションなどになります。やはり「手間なしで住み替え」が可能、食事もご自分達では作らない形態に人気があるようです。 そこでしたいことのベストテンが下記で、60歳以上の方は菜園や農業が出来るよりも、海の近くで魚介類をとる田舎暮らし、地元の人との交流が上位に来ますので...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
2012/01/05 10:00

持ち家、賃貸どっちがいい?

持ち家と賃貸どっちが良いという議論が多いですが、今回の震災で「賃貸のほうがいいのでは?」と思う方が多くなっているのではないでしょうか。 もし、住宅ローンを抱えた状態で家が流されたり、傾いたりした場合には、その後住宅費の負担が2重になってきます。賃貸であれば次の住みかを探すだけです。 確かに震災だけをとれば賃貸のほうが良いですね。ただし、暮らしにおいて自分の好きな空間で快適に暮らしたいとなるとな...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

賃貸か購入か?

賃貸物件に住み続けるほうがよいのか、物件を購入するほうがよいのか。 これは非常によくある質問ですが、ファイナンス理論的にあまり納得できる 説明を聞いたことがありませんので、本日はその話をしてみます。 金銭面での比較ではどのような条件設定にするかによって、若干数字は 異なるものの、更新料や税金、修繕費などを考慮しても、実は両者に差は ほとんどありません。賃貸にしても購入にしても同様に生涯数...(続きを読む

巻口 成憲
巻口 成憲
(ファイナンシャルプランナー)

Pickup Q&A 住宅ローンの返済計画

過去にこちらのAll About プロファイルで 回答させていただいたQ&Aの中からピックアップしてみました。 第4回目のテーマは、「住宅ローンの返済計画」です。 ・繰上げ返済と貯蓄のバランス 2007年12月 →Q&Aページへ http://profile.ne.jp/pf/morimoto-fpj/q/q-24239/ ・返済計画と家計診断をお願いします 2008年1月 →Q&Aページへ...(続きを読む

森本 直人
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)
2010/09/30 19:33

中古住宅をどう見る?

今回は中古住宅について書きたいと思います。   「中古住宅の判断基準は難しい!!」 「どこをみればいいのか?」 このような声をよく耳にします。   マンションは建物が大きし、見る範囲がでかい。 戸建は古さばかりが目だってしまう。 どこをみればよいのか?   今回は中古住宅の見方についてお話しますね。 ポイントは大きく分類すると3つです。   1.住環境 2.ライフスタイルの確認 3.建物の...(続きを読む

野城 郁朗
野城 郁朗
(不動産コンサルタント)

この保険、高すぎですか?

問合せで多い内容の一つは「保険料が高いので安くしたい」です。 このご時世ですので当然のご要望ですが、注意しなければいけないのは現在の保険加入状況。 十分な資産があるケースなどは別ですが、一般に独身で死亡保険金額が5千万円なら過大ですし、5人家族で死亡保険金が500万円なら明らかに不十分です。 このため、必要保障額を試算する必要があります。 保険料はその結果次第で決まり、場合によっては不要...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

二地域居住のお勧め

今回は中年以降のライフプランの充実を図るために、「二地域居住(デュアルライフ)」をご紹介します。(データの出典は財団法人ロングステイ財団ロングステイ調査統計2009より)。 ご承知とは思いますが、高齢者でも75歳までは健康年齢(自立して活動が出来る)とされています。もし、60歳で退職されますと15年間の自由時間、65歳で退かれても10年間のご自分らしい暮し方が出来る時間が持てます。 ...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
2010/02/11 21:05

変動金利の言い訳

「金利選択」。住宅ローン相談における一番多い問題ではないでしょうか? 教科書的な回答としては、金利下落傾向の時は、変動金利が有利。 金利上昇傾向の時は固定金利が有利、ですよね? でも、消費者の方の認識は違います。 変動金利で借りないと、住宅費負担がきついので変動金利を選択。 しばらく低金利が続いているし、まだ大丈夫でしょう。 (何が大丈夫なのでしょうか?) 金利...(続きを読む

高橋 成壽
高橋 成壽
(ファイナンシャルプランナー)
2009/07/09 09:01

生命保険の加入方法

   どんな保険にどのくらい加入したらいいか、よく聞かれます。「皆さん、どの位入っているのでしょうか?」「平均はどのくらい?」など、多くの方はその辺りに関心があるようです。  でも、保険は「加入していればいい」のではなく、「賢く利用する」ことが必要です。  そのためには、まず、「誰に、何があったら、誰がどのくらい困るのか」を考えてみましょう。  例えば、 一家の大黒柱が死...(続きを読む

加藤 惠子
加藤 惠子
(ファイナンシャルプランナー)
2008/12/21 06:50

5.住宅手当

 日本企業の給与明細書には実に多くの手当項目が軒を連ねていますが、その多くは技能手当、資格手当、特殊勤務手当などのように、会社が社員に求める負荷に対して支払う「会社の都合による手当」であるといえます。  しかしそればかりではなく、「社員の事情を考慮した手当」もあります。その代表的なものの一つは前回お話した家族手当ですが、その他に住宅手当があります。  住宅手当は、寮や社宅のある...(続きを読む

佐藤 広一
佐藤 広一
(社会保険労務士)
2007/10/22 20:02

ご挨拶

はじめまして。こんにちは。 このたび、縁あってこのような機会をいただき、ありがたく思います。 私は現在これから住宅を購入される方を中心に相談を受けています。 住宅購入という一番大きな買い物をされるとき、住宅費だけでなく、他の費用も含めて考えることでしょう。 そんなとき、少しでも疑問や不安を解消できるようお手伝いしていきたいと思います。 よろしくお願...(続きを読む

大友 武
大友 武
(ファイナンシャルプランナー)
2006/10/08 00:00

24件中 1~24 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索