国内ロングステイ 住みたい施設としたいことは - 老後の二地域居住 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国内ロングステイ 住みたい施設としたいことは

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の二地域居住
ロングステイ 海外ロングステイ

ロングステイ調査2009から、住みたい施設は下記のようになります。
60歳以上では、家具つきの賃貸がトップで、2位は公共の施設、3位はペンションなどになります。やはり「手間なしで住み替え」が可能、食事もご自分達では作らない形態に人気があるようです。

そこでしたいことのベストテンが下記で、60歳以上の方は菜園や農業が出来るよりも、海の近くで魚介類をとる田舎暮らし、地元の人との交流が上位に来ますので、のんびり暮らしたいという生活スタイルを好むようです

国内ロングステイ(二地域居住)は、現住所の生活を維持しながら行いますから、ある程度のコスト負担が必要になります。ただ、生活費が若干上がる他は、2拠点間の交通費、現地の住宅費が大きな費用になります。従いまして、国交省がお勧めするサイトで、ご希望の条件に合う地域や住宅を探してみては如何でしょう。私は温暖でまだ汚れていない海があり、特急で東京に2時間程度で移動できる房総半島が好きです。鴨川市には滞在型で有名な病院も有ります。

二地域居住住み替えネット
http://www.sumikae-nichiikikyoju.net/

(データの出典は財団法人ロングステイ財団ロングステイ調査統計2009より。

ロングステイに関心をお持ちになられたら、ロングステイ財団のホームページ 
http://www.longstay.or.jp/ 
をお訪ねください)

文責
登録ロングステイアドバイザー&登録講師
ファイナンシャル・プランナー
日本FP協会認定 CFP® 吉野充巨

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ロングステイ」のコラム

このコラムに類似したコラム

医療ソーシャルワーカー(MSW)をサポート致します 斉藤 進一 - 建築家(2012/10/05 08:32)

キーカラー 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/17 10:00)

今年を振り返る2 信戸 昌宏 - 建築家(2015/12/21 12:00)

やっと病院に行けました。 信戸 昌宏 - 建築家(2015/11/29 12:00)

霞ヶ浦予科練平和祈念館に行って来ました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/11/04 12:00)