リスキ=新規の借入ができなくなります - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リスキ=新規の借入ができなくなります

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はゴルフ場記念日です。
色々と曲がり角を迎える事例もあるでしょうね・・・


金融機関との付き合い方についてお話をしています。
返済見直しの最終手段、リスケについてご紹介をしています。


リスケ、つまり既存借入れの条件変更を頼んだ場合、以降は次のような取り扱いを受けます。


・以降、新規の借入は難しい!!


リスケは、ある意味で最終手段です。
「うち、もうヤバいので、なんとか助けて!!」と金融機関に泣きつく方法です。
そこまでの方法をとった以上、そこから先、相手から信用してもらうことは相当に難しいのは、必然といえます。


コロナ騒動に関係して、とある著名人が
「以前にリスケを受けていたら、新規融資がダメだった!中小いじめだ!!」
みたいなことを言っているニュースがありました。
とても酷なことを言うようですが・・・過去にリスケを受けている時点で、すでに信用はゼロに近いのです。
よほどの事情(何かしらの展望)がない限り、新規借入は難しいでしょう。


昨今のような緊急事態にあっても、リスケは最終手段だと認識しておくべきです。
この方法を選択する場合、そうとう綿密に金融機関と交渉をしないと、いまはなんとかなってもさ・・・ということになります。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

持ち物の情報がない(2020/06/04 07:06)

このコラムに類似したコラム

返済の見直し方法その1:新規借入 高橋 昌也 - 税理士(2020/05/19 07:00)

返済の見直し方法その3:リスケ 高橋 昌也 - 税理士(2020/05/23 07:00)

目の前の資金繰りを明瞭に把握していること 高橋 昌也 - 税理士(2020/05/22 07:00)

返済の見直し方法その2:借り換え 高橋 昌也 - 税理士(2020/05/21 07:00)

将来の展望をきちんと示せることが必要 高橋 昌也 - 税理士(2020/05/20 07:00)