所得を分類する - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

所得を分類する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日からお仕事再開という方も多いでしょうか。
私は色々と原稿書きなどをやっておりました。


所得税の基礎についてお話をしています。
所得=儲けに対する税金であることを確認しました。


次に、所得税における最大の論点である「所得分類」について簡単に。
所得税は、その人に帰属する所得について、大きく10種類に分類します。
これが法人税と決定的に異なる点です。


分類をする理由としては、以下のようなものがあります。


・法人はすべて商売をするための存在だが、個人は経済活動のみが目的ではない
・その活動には色々な意図があり、すべてを一律で課税するのはふさわしくない
・また所得の種類によって「担税力(どれくらい税金を負担できるか)」には差がある
・なのでその内容に応じて所得を分類し、課税方法に差を設ける


大体こんなところです。
ここでいう担税力という考え方は、非常に重要なものです。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

気持ちよく、いきましょう(2021/01/11 07:01)

福利厚生策の活用(2021/01/08 07:01)

このコラムに類似したコラム

儲けに対する税金 高橋 昌也 - 税理士(2019/08/18 07:00)

所得と収入の違い 高橋 昌也 - 税理士(2019/08/17 07:00)

法人税法との比較 高橋 昌也 - 税理士(2019/08/14 07:00)

保険での運用:主に税金との関わり 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/19 07:00)