生存系の保障は「売上の補填」にも使える - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生存系の保障は「売上の補填」にも使える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は幸福の日です。
何をもって幸せとみるか、が人生における大きな課題の一つですね。


節税についてお話をしています。
生活保障を重視するのであれば、保険は個人加入が良いことを指摘しました。


それと反する考え方として「万が一のときの売上補填」という発想法があります。
例えば中小企業の場合、代表者さんが動けなくなってしまうと、仕事が止まってしまいます。
仕事ができなければ売上はなく、当然資金繰りは止まってしまいます。


その一方、事前に仕入れていた代金の支払いや融資返済、従業員への給与は待ったなしです。
というようなとき、例えば・・・


◯入院給付日額5万円の入院保険に入っておく


この例で、仮に一ヶ月入院をしたときは150万円の保険金が入ってきます。
その企業の通常時における資金繰りを考えたとき、150万円程度のお金があればなんとか回るのであれば


・万が一のことが起こったときに保険金が売上の代わりをしてくれる


という考え方を採用することができます。
このような方法論を採用するのであれば、保険は間違いなく法人で加入し、保険金も法人に入った方が良いでしょう。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

影響が大きい事業分野(2019/07/17 07:07)

消費税用登録番号の導入(2019/07/16 07:07)

納税義務判定の例外(2019/07/13 07:07)

このコラムに類似したコラム

具体的な借り方 高橋 昌也 - 税理士(2019/02/09 07:00)

認定経営革新等支援機関について 高橋 昌也 - 税理士(2019/06/27 07:00)

色々と使いみちが増えてきた向上計画 高橋 昌也 - 税理士(2019/06/20 07:00)

経営革新等支援機関について 高橋 昌也 - 税理士(2019/06/19 07:00)

経営力向上計画について 高橋 昌也 - 税理士(2019/06/18 07:00)