適正さは誰が担保するのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

適正さは誰が担保するのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は光化学スモッグの日です。
この時期になると、我が家の近所でも頻発しています。


粉飾についてお話をしています。
引当金という制度について「適正な期間損益計算」の観点から検討してみます。


ここで何より問題となるのは「適正」という言葉です。
この適正さは、次の2つの側面から担保されています。


・企業会計を作成する側のモラル
・制度による締め付け


前者だけですべてが済むほど、世の中は簡単ではありません。
そこで制度によって「こういう場合にはこのように処理をしなさい」と決めていくわけです。


退職給付引当金についても、この制度による締め付けがあります。
予想される将来の退職金支払状況と、現時点での退職金に充てる資産状況から引当額が計算されます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

収入と収益は違う(2018/12/09 07:12)

締め後について(2018/12/07 07:12)

発生主義について(2018/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

退職給付引当金という制度 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/17 07:00)

制度変更が急に起こったら? 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/19 07:00)

固定資産=長く使えて高いもの 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/11 07:00)

グローバルスタンダード 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/21 07:00)

過小計上=費用隠し=粉飾!! 高橋 昌也 - 税理士(2018/07/20 07:00)