生前贈与 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生前贈与

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は歯科技工士記念日です。

歯科治療も昔と今では随分常識が変わったようです。

 

事業承継についてお話をしています。

自社株式を移転させるための方法論について、具体的なところを話し始めます。

 

最初に紹介をするのは生前贈与です。

現経営者が存命中に、後継者に対して自社株式を贈与していく方法です。

 

贈与ですから、後継者は何も支払う必要がありません。

特に資金的な負担をすることなく、株式を受け取ることができます。

 

・・・と、この方法が何の問題もなく使えるのであれば、苦労はないのですが・・・

当然、この方法にも問題点があります。

それは贈与税です。

 

贈与税とは「何かしらの財産を贈与でもらった人が課される税金」です。

つまり今回の話でいえば、自社株式を贈与により受け取った後継者が贈与税を負担しなければならないのです。

 

この贈与税ですが、税金として一つの特徴があります。

それは「税率が高い」ということです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

修繕について(2017/11/21 07:11)

長く使える(2017/11/20 07:11)

高額とはいくらからか?(2017/11/19 07:11)

このコラムに類似したコラム

まとめ 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/13 07:00)

次の事業承継に影響を及ぼすことも 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/02 07:00)

経営が傾いたら・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/29 07:00)

特例的な方法が出来てきた 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/24 07:00)

小分けにして譲渡することもできます・・・が 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/02 07:00)