やはり問題は習慣なのです - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

やはり問題は習慣なのです

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は更生保護記念日です。

高齢者・障害者と犯罪というのは、これからより大きな社会的課題として認識されてきます。

 

経営者と身体能力についてお話しをしています。

事業と私生活、規模とぜいたく、趣味を仕事にすることなど、多角的に考察しています。

 

ここで改めて、アレクサンダー・テクニークで問われる習慣や癖について。

私たちは、生まれ落ちてからこれまでの人生において、ひたすら自己を規定する言動を繰り返してきました。

その結果、本当に多くの「こうあらねばならない」という強制(矯正)を受けています。

 

非常に大きな枠組みでいえば「経済は成長しなければならない」といったイデオロギーの世界もあるでしょう。

残念ながら、地球上でこの考え方を永続的に続けていくことは難しいと言わざるを得ません。

(資源の有限性が絶対的な壁として立ちはだかるため)

如何に技術革新が進んでも、残念ながら資源の消耗は防ぎようがありません。

宇宙開拓にでも乗り出すか、主義を変更してもう少し慎ましやかに生きていくしかないでしょう。

 

これをもっと小さくしていけば、私の個人的な生き方にまで還元されます。

「真人間であらねばならない」といったものも含め、色々と自分で自分をいじめているところがあるのかな~と改めて。

 

もちろん、すべてについて野放図で生きて良いということではありません。

人間にはある種の緊張も絶対に必要です。

単にダラけるのではなく、適度な自由度と緊張度が協調的に働いていることが大切です。

 

アレクサンダー・テクニークは、そういう部分をどこまでも味わっていくような部分があります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

このコラムに類似したコラム

武の稽古内容 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/26 07:00)

経営における日常的なストレス 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/25 07:00)

死を想う 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/13 07:00)

現代資本主義は終わるのか 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/12 07:00)

無駄なものを大切に 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/11 07:00)