セレンディピティ - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

セレンディピティ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は都市景観の日です。

我が家の近所も随分と様変わりしました。

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

事業計画について、個人的にはあまり必要だと思えないと考えています。

 

これは「なんでも適当にやればよい」と言いたいのではありません。

どちらかというと

 

・面白いと感じたものについて、とりあえずやってみること

 

これについて、躊躇をしないことが大切なのではないか?というお話です。

偶然性に関する言葉にセレンディピティというものがあります。

幸運な出会い、みたいな日本語訳が多いのかな?

 

少し言葉を言い換えると、昔に比べて業態というものが不鮮明になってきたように思います。

例えば「税理士」といえば、一昔前でいえば大体みんな同じような方式で仕事をしていました。

それが現在では

 

・業務特化型(飲食、医業、理美容、相続等々)

・出版等を活用したコンサルなど

 

など、そもそも「税理士というのはこんなお仕事です」ということが言いづらくなってきたよね、と。

自分の特性にあったものを取り入れ、ある種の独自性を出していく。

そのためには「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」みたいな偶然性が必要なのではないかな?と。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

特例的な方法が出来てきた(2017/10/24 07:10)

相続税の加算(2017/10/23 07:10)

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

このコラムに類似したコラム

判断をしないことの重要性 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/28 07:00)

なんとなく拡大を目指していないか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/25 07:00)

自己規定がもたらす罠 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/23 07:00)

自分が何にお金を使っているのかわかっているか? 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/27 07:00)

なんでお金が残っていないのか理解できない人 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/26 07:00)