強張った身体で自覚が進められるのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

強張った身体で自覚が進められるのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は左利きの日です。

実は元々左利きだったのかも、という気が最近しています。

 

経営者と身体能力についてお話をしています。

事業を進めていくには、どうしても自分への認識を深めていく必要があることに触れました。

 

ここで改めて、ガチガチに固まった身体を想像してみます。

この状態で自分への認識を深めることができるでしょうか?

少し動けば腰が痛い、肩が痛くて腕が上がらない。

頭痛がして思考はまとまらず、痔も出ているので座っているのも辛い。

目が乾いて何かをみることも辛く、時には聴覚や味覚、嗅覚にも異常がでます。

そして何より、おそらく「何かに触れている」という触覚が大きく機能を損なっていることが予想されます。

 

思考の柔軟性という話が出ますが、あれは別に「考えが突飛」というだけではないのではないでしょうか?

現状の自分をしっかりと認識した上で、「ではこの要素を外に出してみたらどうなるのでしょう?」という、しっかりとした現状把握があってこその柔軟性だと私は考えます。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

遺産分配の順番(2017/10/15 07:10)

会社の持ち物にも注意(2017/10/14 07:10)

このコラムに類似したコラム

とりあえず待ってみようか 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/20 07:00)

癖に気が付き、その後の話 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/18 07:00)

現代資本主義は終わるのか 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/12 07:00)

経営学は生命から遠ざかっている 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/25 07:00)

自分への気付き 高橋 昌也 - 税理士(2016/12/24 07:00)