黒字企業と赤字企業 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

黒字企業と赤字企業

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は千切り大根の日です。
切り方一つで随分と味が変わるのですね。

税理士選びについてお話をしています。
納税額の多寡によって顧問料が変動するというお話をしました。

これを少し別の言葉で言い換えると、次のようになります。

・黒字企業の顧問料は高くなりやすい

税額が多い、ということはそれだけ儲かっている、ということになります。
(もちろん色々な調整の結果でもあるので、一言ではまとめられませんが)
至ってシンプルな理屈で、儲かっている企業と儲かっていない企業では、やはり税理士側で必要な対応も変わってきます。
お客様が良い業績を上げられるようになってくると、税理士の顧問料も上がりやすい、というように考えて頂くと分かりやすいです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

遺産分配の順番(2017/10/15 07:10)

会社の持ち物にも注意(2017/10/14 07:10)

このコラムに類似したコラム

担当者が変わると話が通じなくなることも 高橋 昌也 - 税理士(2011/01/05 07:46)

どれくらいの作業を頼みますか? 高橋 昌也 - 税理士(2011/01/02 05:41)

顧問料の支払いが止まり、電話が通じず、そして・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/21 07:00)

大手事務所さんからウチに来る理由 高橋 昌也 - 税理士(2016/03/04 07:00)

契約書を交わす 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/27 07:00)