給与設定額と実際の生活がバランスしていること - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

給与設定額と実際の生活がバランスしていること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はバミューダ・トライアングルの日です。
最初にこの単語を聴いたのは劇場版ドラえもんだったかな・・・

商売と私生活の関係についてお話をしています。
役員報酬額が高すぎても損をしてしまうことが多い、という事例を紹介しました。

設定額ですが、やはり一番大切なのは実際の私生活における出費とある程度バランスが取れていることです。

・30万円の暮らしぶりをしている人なら、40~50万円程度の支払いにして個人側でも貯蓄してもらって・・・

というように考えても良いのですが

・60万円の暮らしぶりをしている人の給与が40万円だと、会社から毎月20万円の借金をしなければ生活が成り立たない

ということになります。
正確な家計簿まで付ける必要はありませんが、自分の私生活がどれくらいの規模なのかを知っておいた方が良いかと思います。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

普通徴収と特別徴収 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/12 07:00)

法人は道具 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/11 07:00)

自営業と給与での違い 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/03 07:00)

給与に対する概算経費 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/02 07:00)

役員報酬について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/01 07:00)