売上1,000万円について - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

売上1,000万円について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はいい肉の日であり、いい服の日でもあります。
11月は「いい○○」シリーズが充実しています。

商売と私生活の関係についてお話をしています。
事業規模がそれなりにないと、法人成りのメリットは薄いことを紹介しました。

一つの目安として、売上の金額を取り上げます。
一年間の商売を通じて、売上が1,000万円に到達するか否かが小さな事業における一つの分水嶺となっています。
中にはご存じの方もいるかと思いますが、売上が年間で1,000万円あるか否かは消費税の納税義務とも関係があります。

もしご自分のお仕事が年間1,000万円の売上を有しているのであれば、ひょっとすると法人を作ることについて検討する価値があるかもしれません。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の加算(2017/10/23 07:10)

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

このコラムに類似したコラム

法人が常にお得、というわけではない 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/28 07:00)

個人と法人で分け合える 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/27 07:00)

消費税の納税義務 高橋 昌也 - 税理士(2014/03/13 07:00)

生活と事業 高橋 昌也 - 税理士(2016/11/26 07:00)

意識の問題 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/01 07:00)