年金・社会保険の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

年金・社会保険 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

上津原 章

ファイナンシャルプランナー

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計…

上津原 章

辻畑 憲男

ファイナンシャルプランナー

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく…

辻畑 憲男

渡辺 行雄

ファイナンシャルプランナー

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハード…

渡辺 行雄

杉浦 恵祐

ファイナンシャルプランナー

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じ…

杉浦 恵祐

利用者からのQ&A相談

世帯分離について

この度はお世話になります。世帯分離について専門家の方にお伺いいたします。我が家は私の両親(75、76才)、夫(52才)、私(49才)、娘)(9才)の5人家族で一世帯となっています。父、夫、私にそれぞれ1千万円程度の収入がありましたが、去年の秋に夫が脳の病気で意識不明となり現在植物状態となりました。時期を同じくして、父に認知症の症状が出てまいりました。まだ日常には差し支えない程度です。現在夫は身体障...

回答者
杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー
杉浦 恵祐

失業保険と扶養に関して

詳しく教えていただきたいです。今年3月に自己都合退職し、4月にハローワークで失業保険の手続きに行きました。結婚をしていたため、旦那の扶養に入るため5月末に手続きをしたのですが、ネットで調べてみると扶養と失業保険は併用ができない。ということを初めて知りました。まだ猶予期間内(7月末まで)ではあるのですが、その期間は扶養に入れるがそれ以降はダメだと書いてました。日当も5000円と超えているので恐らくダ...

回答者
菅田 芳恵
人事労務・キャリアコンサルタント
菅田 芳恵

途中で扶養(130万)を抜けることについて

こんばんは。調べてもよく分からなかったので質問します。乱文、わかりにくい説明で申し訳ありませんが教えてください。夫の年収330万社会保険あり、扶養手当なし子供2人、妻(私)扶養内でパート勤務130万1~4月までで現在44万円月々大体10万強扶養内に収まるつもりでいました。7月に辞める人の仕事をやってくれないかとフルタイムに変わってくれないかといわれています。年途中でフルタイム勤務になる場合、遡って...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

130万の壁

去年1年間の源泉徴収が130万円を2000円ほど超えていました。去年12月分の給料計算が職場のミスで少し多く支給されたことにより、130万を超えてしまいました。不運なことに去年の給料明細を今年の1月末に会社から貰い、それにより12月分の給料が多く支給されていたこと、源泉徴収票の年間が130万を2000円ほど超えていたことが分かりました。先程、大丈夫との回答いただきましたが、健康保険は自分で払わない...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

130万のパート

職場のミスで130万の壁を2000円ほど超えてしまいました。給料計算のミスです。12月の給料明細をもらっていなくて、1月末に1月の給料明細と一緒にもらった事で発覚しました。この場合、修正できるのでしょうか?今まで扶養内でしか働いていないので、このようなミスで扶養から外れてお金を払うというのは納得いかないのですが。

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

専門家が投稿したコラム

特別支給の老齢年金、もらい忘れに注意!

年金の受給開始年齢は原則65才ですが「60~65才」の間に受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」という制度があるのをご存知ですか!?1994年に、年金の受給開始年齢が60才から65才に引き上げられた際に出来たある意味救済制度です。65才に気づいて61才から受け取れる特別支給を受け取ってない場合に一括でも受け取れます。年金は65才から受け取るものと思い込んでいて請求漏れが多いらしいです。勘違いをしてい...

大村 貴信
執筆者
大村 貴信
ファイナンシャルプランナー

2020年度税制改正大綱 iDeCoの見直し

個人型確定拠出年金(iDeCo)が、加入可能な年齢や受給開始年齢の選択が可能になるなど制度の柔軟化が行われます。   (1)加入年齢 60歳未満→65歳未満   (2)受給開始年齢 60歳から70歳の間で選択→60歳から75歳の間で選択   (3)企業型確定拠出年金とiDeCoの併用緩和 企業型確定拠出年金加入者は、労使合意に基づく合意がなければiDeCoに加入不可 →...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

クレジットカード手数料の値上げ!結局は増税の目眩まし?

結局、消費税を上げる為だけの国民に対する一時的な目眩ましって事でしたね。 消費税が10%への移行に伴い加盟店側のクレジットカード手数料を引き下げて導入させると言う話しも消費税を上げたいが為だけの一時的なものである事が今朝の日経新聞の記事で明らかになりました。これに伴いポイント還元も一時的なもので直ぐに無くなるでしょうから国民には増税と言う負担だけが残るんでしょうね。 ...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

ねんきん定期便(50歳未満)でわかる、将来もらえる公的年金額

老後のお金の不安解消アドバイザーの久保逸郎です。私がコーチとして関わっている社会人アメリカンフットボールのオーパーツ福岡SUNSですが、来週から秋季リーグ戦がスタートします。昨年のチーム結成以降、これまで公式戦は全て関西や広島方面での開催でしたが、今年は1試合だけ福岡での試合が組まれており、来月29日(土)に平和台陸上競技場で大阪ガススカンクス(X2)と対戦する予定。九州では初めてのXリーグ公式戦...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
ファイナンシャルプランナー

今さら聞けない!年金の受給は何歳から?

みなさんこんにちは。 ファイナンシャルプランナーの大間武です。   本日はマネカツ様Webサイトの 監修記事をご紹介します。 タイトルは 「今さら聞けない!年金の受給は何歳から?」です。 みなさまの暮らし・家計にご参考になれば幸いです。      株式会社くらしと家計のサポートセンター Webサイト ニッポンの社長 取材インタビュー記事 「会計」「監査」「家計」に強い人材を...

大間 武
執筆者
大間 武
ファイナンシャルプランナー

サービス

「企業型”選択制”確定拠出年金(401k)」導入支援

中小企業及び従業員の税制メリットが大きい「選択制401k」の導入支援を行います

カテゴリ:個人年金・確定拠出年金401K

料金:22,000(税込)

場所:出張/場所指定

荒川 雄一

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

カテゴリ:個人年金・確定拠出年金401K

料金:3,300(税込)

場所:神奈川県川崎市高津区

三島木 英雄

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

401Kポートフォリオ構築支援

カテゴリ:個人年金・確定拠出年金401K

料金:3,143(税込)

場所:---

青野 泰弘

青野 泰弘

(ファイナンシャルプランナー)

友達や同僚と学ぶ 401K制覇セミナー

401Kの組み合わせ方法がわからない方必見!初心者の方でも細かく学べます。

カテゴリ:個人年金・確定拠出年金401K

料金:5,238(税込)

場所:出張/場所指定

田中 佑輝

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

専門家が投稿した写真・作品

確定拠出年金の運用

2016/10/27 17:51
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

共済年金ガイドブックが売れています

2016/02/13 16:04
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

「生命保険の加入と見直し」に関するまとめ

  • 生命保険の加入・見直しを考えている人におススメな5つのポイント

    就職、結婚、出産、教育、住宅購入などなど年齢を重ねていくごとに大きな出費が増えていきますよね。 家族ができて守るものが増えたとき考えるのが「万一のとき」。そんなときの備えとして生命保険がありますが、 みなさんは保険に入る意味やどの保険がお得なのか考えたことはありますか? ここでは、そんなみなさんの疑問や悩み解決のヒントになる記事をご紹介します!

「青色申告」に関するまとめ

  • 多くの特典がある青色申告。白色申告と青色申告の違いや青色申告の特徴、条件などを知って賢く節税を!

    フリーランス、個人事業主の方の確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。違いを知って申告していますか? 青色申告には最高65万円の特別控除を受けることが出来る青色申告特別控除の制度があります。複式簿記で帳簿を付けている方以外でも10万円の青色申告特別控除が受けられます。 その他に損失分の繰越控除、減価償却の特例、家族への給与が必要経費として計上出来たり等、事業を続ける上でプラスな特典が受けられます。 白色申告をしている方も2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されました。せっかく帳簿をつけるなら青色申告に切り替えた方がお得かも!? 白色申告と青色申告の違い、青色申告をするための方法、青色申告のデメリットなどの正しい知識を身につけて税金対策をしませんか?

「年末調整」に関するまとめ

  • 年金・社会保険に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積