老後資金・セカンドライフ設計の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

老後資金・セカンドライフ設計 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

渡辺 行雄

ファイナンシャルプランナー

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハード…

渡辺 行雄

釜口 博

ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

釜口 博

上津原 章

ファイナンシャルプランナー

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計…

上津原 章

山宮 達也

ファイナンシャルプランナー

相談者自身が考えて行動を起こせることを目指します

知らないと損することが多い世の中です。保険や公的な手続きは、自分からアクションを起こさないと得られるものはありません。相談者のお話をよくお聞きして、相談者…

山宮 達也

専門家が投稿したコラム

年金受給資格期間が25年から10年に短縮

先日、無年金者対策として年金受給資格期間を現状の25年から10年に短縮する法案が閣議決定されました。今回の措置により受給資格を得る人が約64万人増える事になるそうです。 それに伴い必要な予算は約650億円。一体、何処から出すんでしょうかね? では、短縮されたからと言って10年加入で幾ら年金が支払われるのかですが、現状の年金額から試算すると40年間丸々、保険料を納めた人で年額780,100円(月...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

開業医のためのお金の相談室、オープン!

開業医のためのお金の相談室、オープン!     謹んで新春のお慶びを申し上げます。 ファイナンシャルプランナーの山下幸子です。 いつもご支援をいただき、ありがとうございます。   このたび、開業医の先生のためのお金の相談室というコーナー作成いたしました。 詳しくは↓ http://hoken-shindan.com/doctor/     ファイナンシャルプランナーとして今...

山下 幸子
執筆者
山下 幸子
ファイナンシャルプランナー

老後の生活に必要な準備資金を簡単に計算する方法

「老後までに、どのくらい貯金をしておけば安心でしょうか?」という質問を多くいただきます。 老後に必要なお金は1億円と聞きますが、本当に準備しなければならない金額はいくらなの? そこで今回は、老後までに準備しておくべきお金の目安を簡単に計算する方法を紹介します。All Aboutマネー「ふたりで学ぶマネー術」 『老後の生活に必要な準備資金を簡単に計算する方法』 難しい計算をしなくても試算ができ...

平野 直子
執筆者
平野 直子
ファイナンシャルプランナー

老後生活資金はいくらあれば足りるのか?

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。 事務所にお越しになられる方々の相談で、最近割合が増えてきて いるのが、リタイアメントプランニングです。 FP相談も「高齢化」の影響なのでしょうか。 老後生活費がどれだけ必要で、今の資産状況で足りるのかどうか? もし足りないのであれば、事前に対策を打つことができるのか? 自分たちだけで判断するのではなく、専門家に見てもらいた...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

厚生年金基金の財政悪化

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。   企業年金というのは、公的年金をおぎない、より豊かな老後生活に備えるための年金です。   中でも厚生年金基金制度は、国の老齢厚生年金の一部を国に代わって支給する「代行給付...

森 久美子
執筆者
森 久美子
ファイナンシャルプランナー

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「節税」に関するまとめ

「火災保険」に関するまとめ

  • 火災保険のこときちんと知らなかったかも…今からでも覚えて損はないお役立ち情報を専門家が紹介!

    皆さんは火災保険の10年を超える長期契約が、2015年10月から廃止になるのをご存知ですか?実質的な値上げとなってしまうため、家計などいろんな場面での影響が考えられます。 しかし一方で、契約している火災保険を見直すチャンスでもあるのではないでしょうか。 そこでこのページでは、長期契約廃止による影響に関してはもちろんのこと、火災保険に関する基本情報や意外と知らない適用条件など、専門家による様々な解説を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

「マイナス金利」に関するまとめ

  • 老後資金・セカンドライフ設計に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積