創業事業計画の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

創業事業計画 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

永井 貴之

起業コンサルタント

独立起業のシナリオ制作案内人

事業計画作りは難しいものですね。事業計画作りとは、成功への一貫したシナリオを描くことです。私は100以上の事業計画を分析・支援させていただきました。小売業…

永井 貴之

専門家が投稿したコラム

クリニックの建築費

病院経営における二大経費は、「人件費」と「設備費」です。 その設備のうち、建物の建築費は約30年間で減価償却を行い、経費になります。   一流の設計事務所にてデザインされ、信頼のおける施工会社で建てられた病院   とにかく安さで選んだデザインと施工会社で建てれれた病院   工事代金の差額が、仮に3,000万円あったとしても、30年で割ると、毎年100万円の差 月で割ると、毎月8万円...

高橋 博章
執筆者
高橋 博章
資産経営アドバイザー

第3回 創業補助金公募

こんにちは。高木仁です。 先週(19日)から「地域需要創造型等起業・創業促進事業」補助金の第3回募集が開始されました。この創業補助金についてはこれまでに2回の募集を行い、約2,500件が決定しています。 私の知人も、新たなビジネスを展開したいとのことで、この補助金に公募し採用されました。 |**|**|**|**|**|**|**|**|**|**|**|**|**|**|**|**|*...

高木 仁
執筆者
高木 仁
フランチャイズビジネスコンサルタント

目の前にある課題をまとめ切ろうとして。

  ある課題がありましたので、まとめようとしていました。 同時並行で進めていたことを中断して、 まとめ上げることだけに集中していました。   まとまったと感じた瞬間に、 まとめ切ってしまおうと思ったのでしょう。   プラスアルファを求めた結果、 まとめ切ろうとしたことが裏目に出てしまい、 まとまったと感じていた感情がなくなり、 次第に、焦燥感に似た感情に変化していきました。 ...

松本 仁孝
執筆者
松本 仁孝
行政書士

【新規事業は新規ではない】

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。 新規事業の立ち上げは、経営をする上で大切なことです。 特に、今のようにビジネスモデルあるいは商品の陳腐化が激しい時代、 「このビジネス・商品がいつまで利益を出し続けるのか?」 つまり、プロダクトライフサイクルを自問しながら経営することがキーになってきます。 つまり、会社が停滞に陥いる前に、既存事業の利益を元手に、新たな事業を立ち上げることは、...

森 滋昭
執筆者
森 滋昭
公認会計士・税理士

起業計画の売上予測をアピールする方法

起業・開業という 『 夢の実現 』 をお手伝い! 起業・創業コンサルタントの銀行対策.com の渕本です。 創業資金融資の審査で、重要なのは、起業(開業)計画書です。 ◆ 起業(創業)計画書の売上予測を ◆ 借入審査をする側に、どのようにアピールするか? 例えば、美容室の開業計画書で、次のような売上予測。 住宅地区に、セット椅子数5台の美容室を開業 美容師は、本人も含めて5人 平日...

渕本 吉貴
執筆者
渕本 吉貴
起業・資金調達・事業再生コンサルタント

サービス

創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に手直し!

カテゴリ:創業事業計画

料金:108,000(税込)

場所:---

渕本 吉貴

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

カテゴリ:創業事業計画

料金:32,400(税込)

場所:---

渕本 吉貴

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

専門家が投稿した写真・作品

アイディアワークも指導できます

2010/12/10 20:10
池山 敦
(行政書士)

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 創業事業計画に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積