フランチャイズ・代理店の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

フランチャイズ・代理店 の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

【セミナー:8/6】自分でできるフランチャイズ本部評価 ~6つの視点で見極める~

こんにちは。高木仁です。 本日は私のセミナー案内です。 8/5(月)〜7(金)の期間で開催される日経主催の「第4回 フランチャイズ・独立開業支援展」において、FC加盟者向けセミナーを行います。 他にもフランチャイズ関連のセミナーが多数行われます。また、会場ではフランチャイズ関連の相談を受けつけています。 フランチャイズについて相談したいこと・聞きたいこと・勉強したいことがある方はぜひお越し...

高木 仁
執筆者
高木 仁
フランチャイズビジネスコンサルタント

『フランチャイズ・・高齢者向け配食サービス FCの失敗ケー

 65歳以上が4人に一人になる・・・日本はまもなく超高齢化社会を迎えます。そこで介護系ビジネスを筆頭に将来性豊かなシルバー産業がここ10年たくさん出来ています。高齢者向けの配食サービスもその一つで、大手企業が参入するなどここ数年競合が激化しているマーケットです。全体の市場希望は600億円ほどですが、代表的なFCチェーンの売上が100億円位なので、フランチャイズ企業が占める割合少ないのが特徴です。大...

中川 強
執筆者
中川 強
起業コンサルタント

『フランチャイズ・・介護サービス FCの失敗ケース』

今回の失敗事例の研究は介護サービスです。バブルが崩壊した20年以上も前からマスコミはこぞっての到来を毎日のように紙面などで警鐘してきましたから、 この介護サービスがビジネスとしてのマーケットを確立したのはとても早く、2000年に介護保険制度が施行されたわずか十数年で、1兆円を超える規模まで拡大しています。 介護サービスのメインビジネスは、通称「デイサービス」といわれる通所介護事業所で、その事業...

中川 強
執筆者
中川 強
起業コンサルタント

メガフランチャイジーを参考にした出店法

 全体的にフランチャイズの苦戦が目立ちます。コンビニは、本部の業績は過去最高を記録していますが、加盟店は激しい競争に苦しんでいます。苦戦の背景にあるのは、ビジネススタイルが古いことが上げられます。本部が、消費者と向き合わず、加盟店をお客さんにしているところに問題があります。  最近の一例では、大手のサービス業や飲食店では、社内のインフラにクラウドを導入して経費を少なくしています。ところが...

中山おさひろ
執筆者
中山おさひろ
起業コンサルタント

五輪憲章の内容に気付かなかったために・・

 わたしは、日本でオリッンピックを開催するなら、東京以外の仙台、福島、大阪、名古屋、広島、福岡などで開催することを主張しています。これ以上東京への一極集中が続くと、日本経済の衰退はますます加速するからです。それに、災害など危機管理の観点からも、東京以外の都市に分散することが望ましいと考えます。  東京都の猪瀬知事がニューヨークタイムス社のインタビューで、トルコ・イスタンブールを非難する発言をした...

中山おさひろ
執筆者
中山おさひろ
起業コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

フランチャイズ・独立開業支援展【2日目】

2013/08/06 16:31
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)

第4回フランチャイズ・独立開業支援展

2013/08/05 11:28
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)

フランチャイズ本部構築・加盟検討の相談

2012/11/15 16:14
高木 仁
(フランチャイズビジネスコンサルタント)

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

  • フランチャイズ・代理店に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積