各種の新規事業・事業拡大の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

各種の新規事業・事業拡大 の専門家に相談、悩み解決!

[ 新規事業・事業拡大 ] をさらに絞込む

専門家をご紹介

高木 仁

フランチャイズビジネスコンサルタント

ビジネスモデルと実践にこだわるフランチャイズビジネスの専門家

フランチャイズビジネスでは、複数の異なる事業体が、契約に基づき、異なるビジネスモデルを運営し発展していきます。FCの本質を守り、時代の流れに合わせた革新的な…

高木 仁

岸本 弘志

経営コンサルタント

目標達成に厳格でも経営者の育成に評価が高い

起業、創業は厳しさも事実ですが成功への手順は難題ではありません。要点を正しく忠実に実行出来れば黒字化成果を実感出来ます『出来ない理由を考えない、考える事は…

岸本 弘志

専門家が投稿したコラム

こんな私でも、他の人よりは売れるものが分かるよう!

先ほどは、情けない現状を書きました。 本当、今すぐ死ねれば楽なのだろうな、と自分勝手なことを思ってしまう。 今でも、体だけがまともなら、売ることに関しては負ける自信はない。 というか、はじめて数週間で売れる商品か売れない商品か、間違いなく分かる自信がある。 過去、アルバイト時代から、泊まり込みの新聞配達、英会話教材、制御機器、ロボット、異業種交流会、二毛作宅配事業、記念品創作販売、卓上...

下村 豊
執筆者
下村 豊
経営コンサルタント

もう何でもあり、のブログを書きます。

一昨年に脳幹出血をして、後から分かったことで、転院してから同時に視床からも出血していたことが分かって、左半身の痺れ痛の後遺症が残った。 原因は、不摂生。 高血圧と糖尿病。 20代から血圧の下が100を超えているし、糖尿病は30代から糖尿病予備軍で2時間の経過検査を受けていた。 なのに、一切、気にせず好きなことをやっていた。 大好きなアルコールは毎日、好きな仕事は時間、休み関係なし。 ...

下村 豊
執筆者
下村 豊
経営コンサルタント

日経記事;『AIと世界 人類を超えた未来図 能力を拡張/使い方で格差も』に関する考察

皆様、 こんにちは。グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 11月6日付の日経新聞に、『AIと世界 人類を超えた未来図 能力を拡張/使い方で格差も』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『人工知能(AI)は人類の能力・知性を2045年にも追い抜くと予測されている。既に囲碁や将棋では人知を超え始めた...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『自動運転 米も指針参加 日欧とサイバー対策 外部通信とハンドル分離』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 11月5日付の日経新聞に、『自動運転 米も指針参加 日欧とサイバー対策 外部通信とハンドル分離』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『日米欧の交通当局が自動運転車への不正アクセスを防ぐための対策で合意する。外部との通信とハンドルやエン...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

日経記事;『富士フイルム、武田子会社買収へ 2000億円規模 再生医療や創薬を強化』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 11月3日付の日経新聞に、『富士フイルム、武田子会社買収へ 2000億円規模  再生医療や創薬を強化』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『富士フイルムホールディングスは武田薬品工業傘下の試薬大手、和光純薬工業を買収する。買収総額は2...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 各種の新規事業・事業拡大に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積