国際交流の関係 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国際交流の関係

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はコットンの日です。

最近は本当に色々な繊維がありますねぇ。

 

非営利・文化系活動についてお話をしています。

税務や社会保険の対応を怠ることが、活動の支障になり得ることを確認しました。

 

これとはまた別の観点から、法人設立が必要となるようなケースも出ているようです。

私が知っている範囲で言うと、国際交流関係の事業で問題となる例があるとのこと。

 

例えば海外から人を呼び寄せて活動をするようなケースを想定します。

問題となるのはビザの関係などです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

法人でないとビザ発給が難しい 高橋 昌也 - 税理士(2016/05/11 07:00)

マーケティング的に有利なケースも 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/05 07:00)

意識の問題 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/01 07:00)

関わっている人たちの問題 高橋 昌也 - 税理士(2016/05/31 07:00)

営利企業の特徴その3:税務の考え方がシンプル 高橋 昌也 - 税理士(2016/05/26 07:00)