大枠で捉えてみては如何? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大枠で捉えてみては如何?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は灯台記念日です。
釣り場の近くに色々とみかけますが、種類も様々です。

商売と私生活の関係についてお話をしています。
家計簿をつけることそのものが目的にならないように、と指摘しました。

・自営業者になった
・これまで家計簿をつけた経験はない

こういう方に対しては、非常に大まかで良いので生活費の額を把握してもらうことをオススメしています。
それこそ万円単位で構いません。

・食費が5万円くらい
・家賃が13万円くらい
・水道光熱費が…

というように、ザッっッッックリと把握してみるのです。
これくらいでも十分実用的な家計簿もどきが出来上がります。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

このコラムに類似したコラム

必要な商売の規模は私生活で決まる部分も 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/02 07:00)

何のために家計簿をつけるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/30 07:00)

お金を分けること 高橋 昌也 - 税理士(2015/10/27 07:00)

釣りに行くと思うこと 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/02 07:00)

借金について 高橋 昌也 - 税理士(2016/04/08 07:00)