相続税課税強化の影響 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税課税強化の影響

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、暖かい日が続きますね。

この冬はどんな陽気なのでしょうか。

 

昨日からの続き、大きすぎる社長借入の怖さについて。

昨日も触れたとおり、社長借入(社長からみれば会社貸付)は

立派な相続財産に該当すると説明しました。

しかも、この相続財産はそうそう簡単には評価減ができない

やっかいな相続財産に該当します。

土地や証券などには評価減の規定も色々とありますが、

こと貸付金にはそういう規定がないのですね。

 

そして前述の通り、相続税はすでに課税強化がほぼ確定的に

なってきました。

つまり「多額の社長借入」を放置したまま社長が亡くなった場合、

その借入の影響で相続税額が発生する、あるいは増えるという

可能性がグッと高まったわけです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

遺産分配の順番(2017/10/15 07:10)

会社の持ち物にも注意(2017/10/14 07:10)

規模による配慮(2017/10/13 07:10)

このコラムに類似したコラム

規模による配慮 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/13 07:00)

自社株式の評価における要素 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/12 07:00)

相続税における株式の評価 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/11 07:00)

財産評価の基本:現預金に近いほど・・・ 高橋 昌也 - 税理士(2017/10/10 07:00)

不動産、自動車 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/24 07:00)