女性に聞いた「働きやすいオフィス」の調査結果で思い当たること - 人事労務・組織全般 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

女性に聞いた「働きやすいオフィス」の調査結果で思い当たること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 人事労務・組織全般
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験

 ある機関が、女性社員と経営者に実施した「働きやすいオフィスのあり方について」の意識調査の結果を目にしました。

 

 首都圏の従業員数50人~500人の中小企業を対象としたもので、この調査によると、経営者の60.5%が「女性が働きやすいオフィスをつくるための経営努力をとてもしている・まあまあしている」と回答している一方、女性社員の66.5%が「まったく努力していない・あまり努力していない」と感じており、両者に意識のズレがあることがわかったとのことでした。

 

 オフィス環境には、良くも悪くも経営者の好みや考え方が、比較的大きく反映される部分ですが、この結果を見ながら、思い起こしたことがあります。

 知人のある社長は、とにかく気取ったことが苦手で、お酒を飲むのも赤ちょうちんのような店にしか行かないような人でした。顧客を招待するような場面でも、それはあまり変わりません。

 その会社のオフィスはシンプルそのもので、観葉植物や装飾品もなく、執務スペース以外は必要最低限、昔ながらのグレーの事務机と書棚が並んでいました。

 

 これとは全く正反対に、とにかくオフィス環境にこだわる社長も知っています。予算が潤沢な訳ではないので、いろいろ手作りしているものもありましたが、自分でデザイン画を描き、イメージに合うデスクやイスを探し歩き、受付カウンターやリフレッシュスペース、会議室などの作りにもこだわります。

 

 どちらの会社も同じ業界で、企業規模や業績も似通っていましたが、大きく違うことが一つだけありました。前者では、女子社員が事務職の女性ただ一人、逆に後者では、女性比率が半数を超えていて、どちらかといえば男性社員の定着に悩みを持っていました。

 

 どちらの会社も、女性を排除したり、逆に優遇したりということはなく、ごく一般的な採用活動の中で人材を求めていましたが、選考に残る人材も入社後に定着する人材も、大きく異なっていました。

 

 今回の調査結果とも合致しているわけですが、ここからわかるのは、オフィス環境の作り方によって、集まってくる人材の質が変わるということです。

 これを逆手に取って考えれば、欲しい人材に好まれるオフィス環境を準備すれば、それに見合う人が集まってくる確率は上がるということになります。

 

 おしゃれできれいなオフィスを嫌がる人はいないと思いますが、例えば体育会の男子部室のように、雑然としたお世辞にもきれいとはいえない環境で過ごしてきた人には、何となく落ち着かないようなことがあるのかもしれません。美観と機能を両立させながら、そんな感覚の人たちでも落ち着ける環境を工夫するということも必要でしょう。

 

 調査結果を見ていると、「カフェテリア風のリフレッシュスペース」「簡単な打ち合わせもできる食堂」「休憩スペースからの見晴しの良さ」「気分転換が図れる場所」「快適な空気」「個人のスペースの広さ」「共同スペースの充実」など、様々なものが挙がっていますが、正直言ってそれらすべてを実現できる会社はそう多くはありません。

 

 ただ、オフィス環境には、見た目のおしゃれさばかりでなく、考えなければならない要素がたくさんあります。使っている設備、空調や採光などもありますし、もっと身近なことでは、どんな机の配置にして、誰と誰を隣り合わせにするか、などということもあります。

 

 事業内容や業績のような一般的な企業データだけでなく、オフィス環境といった部分にも目を向け、自社にとって望ましい人材はどんなオフィス環境を好むのか、そこで自社にできることは何なのかということは、常に考え続ける必要があるでしょう。

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

このコラムに類似したコラム

「やりたいこと」と「やらされること」と「できること」の距離 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2017/10/17 08:00)

「余裕」と「ムダ」の境目 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/09/13 08:00)

「好ましいオフィス環境」で聞いた男女の感性の違い 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2016/07/05 08:00)

あらためて感じた「自分基準の危うさ」 小笠原 隆夫 - 経営コンサルタント(2014/02/25 08:00)

人を鏡とする 川口 聡美 - 経営コンサルタント(2010/09/12 09:00)