出資と経営を一致させるために必要なこと - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

出資と経営を一致させるために必要なこと

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は水路記念日です。

最近では水辺をみると「なんか釣れるのかな?」と思うようになりました・・・

 

事業承継についてお話をしています。

小さな会社の現実としては、出資と経営が分離していない方が便利なことが多いことを指摘しました。

 

もちろん、誰かからの出資を受けつつも効率的に業務をこなしている事例もあるにはあるでしょう。

しかし、現実的には「パパにお金を出してもらって始めた商売」が上手くいっている事例を、私はほとんど知りません。

それくらい「他人のお金を使って商売をすること」は難しいわけです。

 

「他人のお金を使う」といっても、出資と借入では意味合いがまったく異なります。

借入はいずれ返すものですから、きちんと返済さえ進めていられればトラブルになる可能性は低いです。

その点、出資を他人から受けるのが相当に難しいであることは、ここまでで説明をしてきました。

 

 

つまり、小さな会社を安全に経営するためには、出資と経営が一致している方が簡単です。

別の表現をするならば

 

・社長が自社の株式を独占して保有していること

 

これが非常に好ましいです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

株式移転の方法(2017/09/23 07:09)

後継者の動向(2017/09/22 07:09)

このコラムに類似したコラム

自社株式の価値 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/13 07:00)

実際によくあるトラブル 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/09 07:00)

新社長はどこから探す? 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/17 07:00)

自社株式と換金性 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/16 07:00)

会社の業績と財政状態 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/15 07:00)