出資と経営が分離しない理由その1:人間関係 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

出資と経営が分離しない理由その1:人間関係

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はブラジルの独立記念日です。

ポルトガルというのも、色々と歴史が複雑な国ですね。

 

事業承継についてお話をしています。

中小零細法人において、出資と経営が分離していない理由を確認しています。

 

理由を細かく上げればキリがないので2つだけ。

まず一つ目は人間関係の濃さです。

 

例えば私がトヨタ自動車の株式をそれなりに持っていたとします。

もしトヨタの業績が上がれば嬉しいですし、下がれば悲しいでしょう。

業績がガクッと落ちるようなことがあれば、現在の経営者に対して「何をやっているのだ!」と叱責するような気持ちも出てくるかもしれません。

 

しかし、それでは現在のトヨタ経営者陣営を個人的に知っているのか?といえばそんなこともなく。

また、仮に知っている人が経営者だとしても、株主である私と経営者であるその人との間には、色々な距離感が存在します(会社組織が大きい、そんなに会う機会もない等々)。

 

その点、中小零細法人の場合だと

 

・出資者と経営者の間で距離感が近い

・会おうと思えばすぐにでも会える

・関係者が少ないから株主の想いが経営者にダイレクトに伝わりすぎる

 

といった状況が生まれます。

これだと、経営者は経営をしていてもなんだか落ち着かないですよね。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

当座貸越(2017/12/10 07:12)

短コロとは何か?(2017/12/07 07:12)

このコラムに類似したコラム

中小法人の現実 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/06 07:00)

次の事業承継に影響を及ぼすことも 高橋 昌也 - 税理士(2017/11/02 07:00)

時間と意志 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/28 07:00)

生前贈与 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/24 07:00)

非親族による承継:メリット 高橋 昌也 - 税理士(2017/09/20 07:00)