再度、金融機関の規模について - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

再度、金融機関の規模について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はちらし寿司の日です。

最近、釣りたての魚を食べていないなぁ・・・

 

零細事業と金融機関の関係についてお話をしています。

過去の実績と内部広報で結果を出している方の事例を紹介しました。

 

この事例などでは、やはり地域系の金融機関とのやり取りでした。

地元で仕事をしていくに当たり、地元の金融機関と取引を行い、長い時間をかけて信頼関係を構築していく、という小さな会社における王道のような進み方です。

 

このような例をみていることもあり、個人的には地元で地道に仕事をしていくなら、やはり地域系の金融機関と付き合いがあった方が良いのではないかな?と考えています。

 

ただ、一概にはそうとも言えない例もあるのかな?という話もあります。

今度はそのお話を。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

組織の弊害 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/16 07:00)

借金をしまくるのは、確かに一理ある 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/13 07:00)

正解がない理由:会計とか経営的な回答 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/10 07:00)

いずれ拡大を目指すなら 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/05 07:00)

地域系金融機関では無理かも 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/04 07:00)