事業者側の事務能力、体制(耐性) - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業者側の事務能力、体制(耐性)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はおむすびの日です。
なんであの形になると美味しさが増すのでしょう。

マイナンバー制度についてお話をしています。
行政が絡むような事業全般で、色々と制限が厳しくなってきています。

再度繰り返しになりますが、マイナンバー制度の導入は

・税務や社会保険などについて適切、公平な徴収、運用をすること

これが目的です。
そして広く公共事業の財源は税金や社会保険料で賄われています。

「国は徴収することばかり熱心で、使いみちは無駄ばかりだ」

こんな文句はいつの時代にも変わることなく言われているわけです。
という声を踏まえ、最近では公共事業を受ける事業者に対して非常に厳しい事務的な能力が問われるようになってきているのです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

このコラムに類似したコラム

マイナンバー 高橋 昌也 - 税理士(2016/05/08 07:00)

土木的な公共事業における傾向 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/21 07:00)

事務作業に追われる中小零細事業者 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/18 07:00)

改めて、マイナンバーの意義について 高橋 昌也 - 税理士(2016/01/07 07:00)

組織の法人化 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/15 07:00)