銀行・金融機関対策の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

銀行・金融機関対策 の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

【セミナー】円滑化法終了後の対策について

7/19(金)19:00~ 【中小企業金融円滑化法終了後の生き残り対策セミナー】開催   今年の3月末をもって、中小企業金融円滑化法は期限を迎えました。 これまでは、資金繰りが厳しい場合に金融機関に返済条件の緩和(リスケ)を 申し込めば比較的スムーズに対応してくれておりましたが、円滑化法終了に伴い、 金融機関の姿勢はこれからどのように変わっていくのでしょうか。   もちろん、機械的...

榎並 慶浩
執筆者
榎並 慶浩
税理士

金融円滑化法 もう1年延長。

  中小企業の返済猶予法   円高、欧州債務危機をはじめ   中小企業の経営環境が厳しいための措置。     ■現在、資金繰りがシンドイ企業様   この法を活用して、金融機関に対し   返済猶予を申し出ましょう。   そして、少し資金繰りを楽にして   資金工面のために奔走することをやめ   半歩でも会社を前進させられるような体制を取りましょう。     ...

萩原 貞幸
執筆者
萩原 貞幸
経営コンサルタント/起業家

【銀行交渉のポイント編-2】

【銀行交渉のポイント編-2】  信用金庫や地銀は、中小企業へ融資するかどうかの判断を行うに当たって 金融庁の検査マニュアルに従って判断を行います。 その検査マニュアルには、具体的な事例とともに銀行(信用金庫・地銀) が融資するかどうかを判断したポイントと、その判断基準の適否について 解説が記載されています。この【銀行交渉のポイント編では】 27パターンの事例を紹介します。  中小企業の経営者の...

近江 清秀
執筆者
近江 清秀
税理士

銀行研修社「月刊銀行営業推進」の執筆記事のご紹介

より確実な資金繰り対策をサポートしています! 銀行取引コンサルタントの銀行対策.com の渕本です。 銀行や信金では、人員の問題から、管理職や中堅行職員から若手融資審査担当者への融資審査教育や取引先経営支援・金融支援教育が手薄になっていると言われています。 そのような問題をサポートするために、銀行研修社から「月刊銀行営業推進」という実践誌が、発刊されてます。 2011年10月号の「月刊銀行営...

渕本 吉貴
執筆者
渕本 吉貴
起業・資金調達・事業再生コンサルタント

【事例 1 債務超過でも正常な融資先と判断された事例】

【銀行交渉のポイント編】 信用金庫や地銀は、中小企業へ融資するかどうかの判断を行うに当たって 金融庁の検査マニュアルに従って判断を行います。 その検査マニュアルには、具体的な事例とともに銀行(信用金庫・地銀) が融資するかどうかを判断したポイントと、その判断基準の適否について 解説が記載されています。今回から、27パターンの事例を紹介します 中小企業の経営者の皆様におかれましては、御社の決算内容...

近江 清秀
執筆者
近江 清秀
税理士

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿した写真・作品

銀行はどのように融資審査し、貸してくれるのか?不安を解決!

2016/05/06 17:01
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

不動産投資融資の悩みを解決するセミナーで講師をしました!

2015/12/11 15:55
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

鹿児島商工会議所の金融対策セミナーにて講師

2013/10/16 15:24
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

融資取引でお悩みだった方からのメールをご紹介!

2012/11/21 05:11
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

「コンプライアンス」に関するまとめ

  • あなたの働く会社はコンプライアンスに違反していませんか?チェックすべきポイント教えます!

    コンプライアンスとは簡単にまとめると“法令や条例を遵守する”といった企業が守るべき事項の一つですが、法律だけを守っていれば良いというものではありません。近年では、大企業がコンプライアンス違反を指摘されることもあるため、他企業でもコンプライアンスを守る意識が高まっています。コンプライアンスを守るためだけではなく、自社の信用を高めて取引をスムーズに行えるよう心がけましょう!

「商標権」に関するまとめ

  • 東京五輪エンブレムで問題になったロゴの商標権。実は私たちの身近でもトラブルの可能性が…

    東京五輪エンブレムの商標権について先日ニュースでも大きく取り上げられましたが、これを他人事で済ましていませんか?商標権は知的財産権の一部に入っており、みなさんがオリジナルで作成したと思っているロゴやエンブレムも、東京五輪エンブレムと同じように、類似のものがあるかもしれません。そんなときに問題になるのが、商標権や著作権といったもの。そんなトラブルを未然に防ぐための方法を専門家が解説いたします。

  • 銀行・金融機関対策に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積