【監査法人交代制へ】 EUの改革案 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【監査法人交代制へ】 EUの改革案

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
監査

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

EUの欧州委員会が11月30日に、監査法人改革の法案を発表したそうです。

現在は、世界中の監査が4大監査法人による寡占状態となっていますが、改革法案は、監査人の交代制を含む画期的な案となっています。



日経新聞によると、具体的には、
 ・監査法人の担当期間を6年とする
 ・期限切れから再監査には4年を必要とする
 ・複数の監査法人を選んでいる場合の期間は最長9年
 ・金融機関や上場企業には、監査法人の選定を入札とする
 ・監査法人のクライアントへのコンサルティング業務の禁止

バニエル欧州委員は、「4大監査法人は分割すべき」と言っているそうです。


一方で、グラント・ソントンのような準大手監査法人は、この改革法案を歓迎しているそうです。

また、アメリカでも監査法人の交代制は検討されており、このEUの改革も好意的に受け止められています。

実際に法案を議会が承認するのに1年以上かかるそうですが、近い将来、日本でも監査法人の交代制が導入されるかもしれません。


もし、監査法人の交代制が導入されれば、監査業界に競争原理が導入されることになり、さまざまな影響が考えられますね。


よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「監査」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

その他サービス 【無料 財務デューデリジェンス 相談】 -M&Aを成功させるDD-

専門家によるデューデリジェンスは、無駄な時間とコストを削減し、なにより投資の失敗を防ぎます!

料金
無料

いくら税務署や銀行に提出した「決算書」でも、会社の本当の実態は書いていません。

実際、今までの財務デューデリジェンス(DD)で、必ず“含み損”や、“簿外債務”が見つかっています。
つまり、DDをしなければ、予想外に“高い買い物”になっていたのです。

そこで、経験を積んだ公認会計士による効率的なDDで、リスクを発見し、M&Aを成功させます!

【無料 財務デューデリジェンス 相談】 -M&Aを成功させるDD-

このコラムに類似したコラム

期間損益計算 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/21 07:00)

オリンパス問題と大王製紙問題から生じる影響 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2011/11/11 17:41)

【会計士浪人を救う】 実務要件緩和へ 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/11/03 09:58)

トーマツは、なぜ440人もリストラしたのか? 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/07/12 20:00)

【今日の日経】 監査法人トーマツがリストラ! 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/07/12 09:28)