資産とは、利益に貢献するもの - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産とは、利益に貢献するもの

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

こんにちは、ついに政治の方で動きがありました。

税制改正についても、色々な話が出てきてはいますが

政治の動きが安定しないことから、先が読みづらい状況です。

お客様に対する提言が難しい今日この頃です…。



昨日からの続きです。

現在の会計が求めているのは「企業の利益獲得能力の算定」

だと指摘しました。

それに伴い、資産とはどういうものかが確定されます。


以前の会計において、資産とは「売れるもの」という話

書きました。

現在の会計において、資産とは売れるか売れないか、では

なくて「利益に貢献するか否か」という観点から決定されます。

その違いについては、明日にでも改めて。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

相続税の計算構造(2017/10/21 07:10)

遺留分(いりゅうぶん)(2017/10/18 07:10)

遺言書の効果(2017/10/17 07:10)

このコラムに類似したコラム

会計職はなくなるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2017/02/16 07:00)

真新しいものではない 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/29 07:00)

金融と技術 高橋 昌也 - 税理士(2017/01/15 07:00)

金銭感覚は身体感覚である 高橋 昌也 - 税理士(2016/10/24 07:00)

税制の変更について 高橋 昌也 - 税理士(2016/02/07 07:00)