一事業に一法人の時代? デメリット編 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

一事業に一法人の時代? デメリット編

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は色の日です。
花を飾るようになった半年くらい、自然の花の色味も豊かだなぁ、と。


自営業者の生活費についてお話をしています。
ひとつの商売にひとつの法人を用意するメリットを紹介しました。


今日はデメリットの確認です。
ずばり、昨日のメリットと表裏一体なものが多いです。


・ある事業の黒字と別事業の赤字は相殺できない
どの事業も黒字であればよいのですが、そうそう上手くはいかないものです。
仮にどれかが赤字になっても、その救済方法は限られています。


・管理が手間になるかも
法人一つ増えるごとに、社会保険の加入や税務申告まで、すべて対応が必要です。
事務作業が増えることは、かなりのコストを生む可能性があります。


・金融機関の与信に影響を与えることも
銀行等が融資審査をするときに、あまり法人が小分けすぎると評価を嫌がることがあるようです。
不動産事業などを考える場合には、小分けすぎると融資面で悪影響が出るかもしれません。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

気持ちよく、いきましょう(2021/01/11 07:01)

福利厚生策の活用(2021/01/08 07:01)

このコラムに類似したコラム

給与をコロコロ変えることはできません 高橋 昌也 - 税理士(2021/01/04 07:00)

社会保険には要注意 高橋 昌也 - 税理士(2021/01/03 10:58)

金融機関の視点 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/23 07:00)

役員報酬額の設定:総括 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/14 07:00)

役員報酬額のポイント:税金と社会保険 高橋 昌也 - 税理士(2020/11/10 07:00)