帳面整理の基本は「第三者に説明できる状態」にすること - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

帳面整理の基本は「第三者に説明できる状態」にすること

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はパークの日です。
最近、コインパーキングが減ってきたな~とよく感じます。


粉飾についてお話をしています。
粉飾を疑われないようにするために必要なことを簡単に。


税理士としてよく色々な方から「帳面ってどうやって整理すればよいの?」と質問されます。
答えとしては簡単で


・第三者が読んでわかるような状態になっていれば良いですよ


例えば税務調査の時、税務署の人に「こうやって処理をしています」と説明ができる。
上場企業であれば、会計士による監査に対してきちんと説明ができるような整理をしておく。
すごく当たり前のことなのですが・・・この視点が決定的に欠けている企業は、決して少なくありません。


会計の資料というのは、実際にはそれほど種類が多いわけではありません。


・領収書 ・請求書 ・通帳 ・給与明細 ・固定資産関係 ・各種契約書


大まかにはこんなところでしょうか。
もちろん、もっと細かな資料はいくらでもありますが・・・
これらの資料がパッと出せる状態にしておくことが、粉飾を疑われないようにするための第一歩です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

経営力向上計画について(2019/06/18 07:06)

このコラムに類似したコラム

税理士による書面添付制度 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/06 07:00)

税理士による書面添付制度 高橋 昌也 - 税理士(2019/02/05 07:00)

粉飾、まとめ 高橋 昌也 - 税理士(2018/08/13 07:00)

取引の経緯や内容を記録しておくこと 高橋 昌也 - 税理士(2018/08/12 07:00)

現金出納帳、つけてます? 高橋 昌也 - 税理士(2018/08/10 07:00)