自家版租税教室:消費や所有に対する課税の強化 - 税金全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自家版租税教室:消費や所有に対する課税の強化

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般
経営 会計・税務

所得が課税対象として頼りなくなってきたこと。

 

それと所有について世代間での偏りが出てきたこと。

 

これらの状況に応じて、消費や所有を課税の対象とする流れが進んでいます。

 

 

 

所有に関していえば、いちばん有名なのは相続税の強化です。

 

先ほど「テレビで観た」というお話でしたが、相続税に関しては最近増税されました。

 

財産をある程度所有していた人に関しては、死亡時に税金を負担してもらう。

 

こういう考え方で所有に対する税金が強化されました。

 

 

 

もう一つは消費税の強化です。

 

先ほども紹介した通り、消費税の税率は年々増加しています。

 

いまのところ10%まで上げることが決まっていますが・・・

 

実はそれくらいの上げ幅では足りないのではないか?ということは以前から指摘されています。

 

また外国では消費税率が20%くらいであることも珍しくはありません。

 

それと、消費に対する課税は、税収減として比較的安定しているとも言われています。

 

あまり経済の状況が良くなくても、買い物は必要だから消費税は安定して税収が発生するのですね。

 

 

 

この「どの対象にどれくらい税金をかけるか」というのは、税制を考える上でのすごく大切なポイントです。

 

さっき取り上げた政治家や政治家を目指す人々は、どんなところに課税をするのか凄く真剣に考えています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

気持ちよく、いきましょう(2021/01/11 07:01)

福利厚生策の活用(2021/01/08 07:01)

このコラムに類似したコラム

自家版租税教室:税金の計算 高橋 昌也 - 税理士(2018/03/28 07:00)

自家版租税教室:所得税の累進性 高橋 昌也 - 税理士(2018/03/27 07:00)

自家版租税教室:課税対象の異動 高橋 昌也 - 税理士(2018/03/25 07:00)

自家版租税教室:どんなバランスで負担している? 高橋 昌也 - 税理士(2018/03/24 07:00)

自家版租税教室:3つのショ(消費) 高橋 昌也 - 税理士(2018/03/23 07:00)