戦場の現実 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月21日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

戦場の現実

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日は穴子の日です。

ウナギに比べると、やはり一歩評価が劣りますかね・・・

 

物流等と新しい技術の流れについてお話をしています。

統計学の一例として、トリアージという仕組みを紹介しています。

 

トリアージが発展した背景の一つが、戦場での負傷者治療だそうです。

実は今より数百年前の戦争では、現在ほど人というのは死んでいなかったそうです。

単純に、使用している兵器の殺傷能力が大分低く、それだけ死亡者が出にくかったのだとか。

 

それが、劇的に死者が増えだしたのは銃火器の発展です。

銃という兵器の強化(殺傷能力の向上、軽量化による使用の容易さが向上など)により、戦争という場所は格段に人が死にやすい場所へと変わったのだとか。

 

なんとも気が滅入る話ですが、結果として戦場は

 

・人間はどの程度の怪我をすると死ぬものなのか

 

という大量のデータが手に入る、格好の実験場となってしまいました。

統計というのは、やはりデータ数が多いほうが精度は高くなるようです。

(必要なデータ量というのも色々議論があるみたいですが・・・)

 

もちろんこれだけが発展の経緯ではないのでしょうし、また医療というものが本当に統計的機能だけで動いているわけではなく、いわゆる「仁術」として側面を有しているのもわかってはいます。

しかし、現実的には人の生死ですら、ある程度統計的観点を導入した方が結果的に多くの人が助けられるらしい、というのはなんとも複雑な気分です。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

棲み分け(2017/08/21 07:08)

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

このコラムに類似したコラム

例:医療と人工知能 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/13 07:00)

健全と馬鹿 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/10 07:00)

その気がなくても行動できるようにする 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/09 07:00)

共感がなければ苦しむこともない 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/08 07:00)

戦争の後遺症 高橋 昌也 - 税理士(2017/07/06 07:00)