組織の弊害 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年10月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

組織の弊害

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 経営実践

おはようございます、今日はボーイズビーアンビシャスデーです。

本来の意味は大分異なったとかなんとか・・・

 

趣味の事業化についてお話しをしています。

広報を中心に、協会などの中間支援組織の設立について触れました。

 

個々のプレイヤーや団体については、それぞれに個別の考えがあるかと思います。

ただ、こと「世間一般に対する認知度や信頼度の向上」という意味では、協会の設立は非常に有用であることが多いです。

 

しかし、実際にはそうやって協会が設立されたことで、問題となってしまう例も少なくありません。

まずは「設立そのものの正当性」について疑われてしまうケースです。

 

趣味がある程度認知され、盛り上がってくると「協会を設立しよう!」と考える人が出てくることは珍しくありません。

ところが、その人に何かしらの問題がある例があります。

 

・その業界の人にあまり信頼されていない

・組織を作ったは良いが、全然運営が出来ていない

 

こういった組織が出来上がってしまった結果、その趣味自体の発展が妨げられてしまう例も少なくないようです。

社会全体との関係性を強固にするために組織はとても有用なのですが、結局それも「設立し、運用する人次第」という側面も大きいです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

棲み分け(2017/08/21 07:08)

創造性とは何か?(2017/07/25 07:07)

型稽古の意味(2017/07/24 07:07)

武芸と自己認識(2017/07/23 07:07)

このコラムに類似したコラム

協会がその分野を潰す? 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/19 07:00)

排外主義 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/17 07:00)

協会の設立 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/14 07:00)

広報の重要性 高橋 昌也 - 税理士(2017/04/12 07:00)

どれも本物です 高橋 昌也 - 税理士(2017/03/20 07:00)