住宅購入か住宅賃貸かの専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

住宅購入か住宅賃貸か の専門家に相談、悩み解決!

専門家

該当する情報は見つかりませんでした。

専門家が投稿したコラム

住宅フェアin大阪

8月26日に大阪(梅田)にて住宅フェアを開催します。 住宅セミナーやウルトラマンショーなど盛りだくさんのイベントがあります。 せひご家族でご参加下さい→https://peraichi.com/landing_pages/view/summerfair2018

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

住むなら賃貸?持ち家?みんなはどっちに住みたいの?

みなさんこんにちは。 ファイナンシャルプランナーの大間武です。 本日は住宅本舗様Webサイトの 執筆記事をご紹介します。 タイトルは 「住むなら賃貸?持ち家?みんなはどっちに住みたいの?」です。賃貸か?持ち家か?定期的に各種メディアで取り上げられる話題です。 みなさまの暮らし・家計にご参考になれば幸いです。    株式会社くらしと家計のサポートセンター Webサイト ニッポ...

大間 武
執筆者
大間 武
ファイナンシャルプランナー

「マンション」賃貸と購入どっちが得?

 賃貸に住み続けるのと購入するのとどちらがいいだろうか? 30歳の人が80歳まで生きたとしたら50年間あります。「家賃が15万円、更新料が2年ごと1か月分を支払う」と仮定すると家賃が9,000万円、更新料が375万円で合計9,375万円支払うことになります。 5,500万円のマンション購入をした場合には「諸費用300万円、自己資金1,300万円、住宅ローン4,500万円、金利1.5%(全期間金利...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

リフォームしたら65万円補助、しかし40歳未満だけ

欧米に比べて日本の中古住宅市場は流通が遅れています。そこで国土交通省は、40歳未満の若年層に限り、中古住宅を購入し、リフォーム工事や耐震改修をした場合、最大65万円を補助する新たな制度を創設する方針を決めたようです。マイホームを初めて購入したり、子育てを始めたりする年齢層である30代にターゲットを定め、中古住宅取引の活性化につなげるのが狙いのようです。 来年以降になりますが、これはお得な話...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

5月5日「関西住まいづくりフェア2016」開催!

5月5日に「関西住まいづくりフェア2016」を開催いたします! FPによる「失敗しない住宅購入計画」セミナー(1時間)と有名絵本作家、谷口智則さんによるお子様も楽しめるイベント「飛び出す絵本を作ろう!家族で楽しむワークショップ」(1時間)も開催いたします。 大手ハウスメーカーや関西地方の優良工務店、土地探しが得意な不動産会社などがブース出展し、直接話を聞いていただくことも可能です。 キッズ...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「告知義務違反」に関するまとめ

  • これって告知しないといけないの!?知らないでは済まされない告知義務違反とは?

    みなさん告知義務違反ってご存知ですか?住宅購入や生命保険といったものを契約する際によく起こるトラブルなのですが、この告知義務違反、実は結構身近で起こります。「買った家から雨漏りが」「生保に入ったけど以前の持病が...」など。そんな告知義務違反について今回プロファイル編集部がまとめました。これを読んでトラブルを未然に回避!!

「青色申告」に関するまとめ

  • 多くの特典がある青色申告。白色申告と青色申告の違いや青色申告の特徴、条件などを知って賢く節税を!

    フリーランス、個人事業主の方の確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。違いを知って申告していますか? 青色申告には最高65万円の特別控除を受けることが出来る青色申告特別控除の制度があります。複式簿記で帳簿を付けている方以外でも10万円の青色申告特別控除が受けられます。 その他に損失分の繰越控除、減価償却の特例、家族への給与が必要経費として計上出来たり等、事業を続ける上でプラスな特典が受けられます。 白色申告をしている方も2014年(平成26年)1月から全ての白色申告者に記帳と帳簿保存が義務化されました。せっかく帳簿をつけるなら青色申告に切り替えた方がお得かも!? 白色申告と青色申告の違い、青色申告をするための方法、青色申告のデメリットなどの正しい知識を身につけて税金対策をしませんか?

「増税」に関するまとめ

  • 消費税、相続税など相次ぐ増税!この大増税にあなたができる対策は?

    消費税は2014年に8%、2015年に10%の増税(2014年11月、2017年4月に延期されました)。相続税は2015年、復興税は2013年と相次ぐ増税が決定しています。 今後の経済回復が不透明の中、あなたの家計に大きな打撃となること間違いありません。 この大増税時代に、どんな対策ができるか?何が必要なのか?プロファイルの専門家が増税対策の情報を発信していきます。

  • 住宅購入か住宅賃貸かに関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積