住宅購入か家族寮か。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

住宅購入か家族寮か。

マネー 家計・ライフプラン 2019/03/12 12:47

私(37歳)年収800万円、貯金2000万円
妻(36歳)主婦
長女(3歳)、長男(1歳)、次男(妊娠中)

現在、都内の勤め先の家族寮(3LDK)に月額5万5千円で住んでいます。もし家を買うならば、長女が小学校に入学するまでにと考えていますが、果たして買うべきなのか定年まで家族寮にいるべきなのか、コスト面でどちらが有利なのか答えが出ません。

家族寮に住み続ける利点としては、
1 相場より安い(相場では20万円前後)
2 高級住宅地で環境が良い
3 災害の建物へのダメージを考えずに済む
4 固定資産税はもちろん、更新料や修繕積立金もいらない
5 妻の実家が隣駅

住宅購入(戸建て)の利点としては、
1 車庫が手に入る(家族寮は別に2万5千円、未契約)
2 階下への音を気にせずに済む
3 いつか資産になる
4 超低金利

現在住んでいる建物は築20年ですが、近くに間もなく新築が建つ予定なので、買わないならばそこへ引っ越そうと考えております。家賃は6万5千円に上がりますし、駐車場代は別に2万5千円かかるので、決して安くない出費になります。
買うならば今住んでるような地域では身分不相応すぎて買えないのですが、住民層等の環境の悪化が気になります。また東京西部から離れて横浜(私の実家)等で探すと、安くはなりますが、子供の医療費等が実費になってしまうので、何が正しいのか分かりません。
妻は再就職に有利な資格を持っていますが、妻の教育方針として子供が中学生になるまでは働かない予定です。子供が巣立ったら夫婦2人用の小さなお住いを買うパターンが多いようですが、私の場合、定年時にまだ下の子が大学卒業したばかりになるので、家族構成が変わらずにそれなりに大きな家を買うハメになりそうです。子供3人の大学卒業までの教育費を払ってあげたいので、少しでも有利な選択をしたいと思っています。
よろしくお願いします。

jun1891hさん ( 東京都 / 男性 / 37歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入か家族寮かについて

2019/03/12 16:53 詳細リンク

jun1891hさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

住宅ローンを組んで住宅を購入するべきか、あるいは新しい家族寮に引っ越しをするべきかというご相談となりますが、

まず、お考えいただきたいこととして、これからかかるようになっていくお子様方の『教育資金』となります。
jun1891hさんの場合、お子様方が3人となりますので、
『教育資金』負担も決して少ない金額で済むということにはなりません。

よって、ここは親の勝手で構いませんので、
今後のお子様方の教育資金がいつ頃からいくらくらいかかるようになるのかを、
3人にお子さん毎に時系列に書き出していただき、
いつ頃からはじまり、いつ頃までかかるのか、
また、教育資金負担のピークはいつ頃になるのかにつきまして、
大まかで構いませんので把握してください。

そのうえで、住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合に、
住宅ローン負担をしていってもお子様方の教育資金に支障をきたすようなことがないか、
簡単な表に書き出しても構いませんので、
シミュレーションを行ってみることをおすすめします。

jun1891hさんが希望されている物件の場合、
物件価格も比較的高額で、毎月の住宅ローンも決して少ない金額ということにはならないかも知れませんので、
予め、このようなシミュレーションを行っておくことをおすすめします。

尚、家族寮の場合でしたら、引っ越しをして新たに負担することになる家賃や駐車場代をたしても月額9万円ほどで済んでしまいます。
この金額は、マイホームを購入した場合毎月返済する住宅ローン金額よりもたぶん少なくて済む金額だと思われます。

jun1891hさんのご希望として、3人のお子様方には十分な教育を受けさせたいということだと私には思われますので、
イベント資金の優先順位として、第一にお子様方の『教育資金』、第二が『マイホーム購入』ということでご検討していただければ、
マイホームを購入するべきか、あるいは家族寮に引っ越しをするべきどうかの判断材料になると考えます。

一番のポイントは、収入には限りがありますので、無理のないマネープランをたてていただくことになると考えます。

以上、多少なりともご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

http://www.fpreal.jp/

マネープラン
ファイナンシャルプランナー
住宅購入
教育資金
住宅ローン

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

選択にあたっての参考意見です

2019/03/15 16:15 詳細リンク

jun1891h様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談内容をざっと拝見し、仮に私が同じ立場としたら、家族寮を選ぶと思いました。

というのも、経済の原則から言えば、賃貸と購入のどちらかが一方的に有利とはならず、本来は、市場原理で価格が形成されるところ、今回は、相場よりも大幅に安く家を借りられる前提があるので、その前提がない他の人よりも有利になるというわけです。

なお、賃貸だと資産形成にならないと考える方も多いですが、住宅を購入したとしても、ローンの利息や維持管理コスト、固定資産税等がかかり、建物は使用に伴って価値もさがるので、長期で見て大きな資産価値が残るとは限りません。

資産形成は、他の方法でも可能です。

例えば、浮く家賃を元手に、REIT(不動産投資信託)などの金融資産で運用する方法も考えられます。

浮く家賃が、仮に毎月10万円として、23年間積み立てると、元本ベースで2,760万円。

その間、仮に、年4%で複利運用をしたのと同じ成果を得られるとした場合は、23年後には、約4,516万円になります。
※税金・手数料は考慮せず

23年後の日本の人口は、1千万人以上減る見込みですから、需要と供給の関係から、中古住宅は安く買えるかもしれません。

あと、今時、年4%の運用なんてありえないと思われるかもしれませんが、きちんと勉強しながら取り組めば、それほど難しい数字ではないと個人的には考えています。

当然リスクは伴いますが、現物の不動産でもリスクがあるのは同じです。

また、投資信託であれば、少額から分散投資ができるので、REITだけでなく、株式型や外国債券型の投資信託なども組み合わせられます。

ただ、お金の損得よりも、どこでどんな暮らしをしたいかの方が重要なので、考える順番は前後しないよう、ご注意ください。

参考意見です。

相談
購入
ファイナンシャルプランナー
住宅
賃貸

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
貯金が底をついたところで第二子妊娠発覚 第二子妊娠中さん  2017-11-04 02:23 回答1件
住宅ローンについて keyco1さん  2017-10-13 04:30 回答2件
2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)