住宅ローンについて - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

住宅ローンについて

マネー 家計・ライフプラン 2017/10/13 04:30

年齢的な事を考えて住宅の購入を考えていますが、話が進んでいくにつれてやはり無理なローン計画なのではないかと思い、アドバイスをお願いします。

●現在の状況
地方住まい
主人(35歳)会社員、年収530万
私(34歳)主婦(来年からパート月8万ほど。下の子が小学校に上がり次第フルタイム。)
子供2人(4歳2歳)現在上の子は幼稚園、来年より下の子も未満児として入園予定です。(待機児童が多く保育園入園は厳しいです)小学校以降は公立予定。
家賃65000円。
今は年間60万程の貯金。
車2台所有。
支払い中のローン等はありません。


●検討中の物件、ローン内容
土地、建物、諸費用等全部で3000万
自己資金200万(同じ額くらいの貯金はのこります)
借入額2800万 固定1.3 35年ローン
月々75000円 ボーナス5万(もしくはボーナスなしの月々83000円)
子供が大学卒業後に繰り上げをしていき遅くても65までには完済したい。

これからしばらくは子供にお金がかかっていく事(小学生の時は貯めどきだと思いますが)、現在の家賃より高くなる事、固定資産税や修繕費の積立も必要になる事、一般的に言われる年収の5倍を超えてしまっている事などやはり無謀な計画でしょうか。アドバイスいただけると助かります

keyco1さん ( 福岡県 / 女性 / 34歳 )

回答:2件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

1 good

住宅購入の可否判断について

2017/10/13 15:45 詳細リンク
(4.0)

keyco1様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

住宅購入の件、いろいろとご心配かと思います。

ただ、拝見する限りでは、(地域性にもよりますが)何かすごく贅沢をしようという感じでもなく、今回、マイホームは、ご家族のために必要なものと思います。

なので、できるかどうか、で悩むより、どうしたら上手くいくか、を考えた方が健全ではないでしょうか。

生きている限り、リスクゼロはありえません。

具体的には、キャッシュフロー表(CF表)の作成をおすすめします。

CF表とは、人生の資金繰り表のことです。

将来のお金の流れを具体的な数値で見ることで、どのくらい頑張ればよいかを数量的に把握することができます。

頑張り方は、働いて稼ぐ、節約する、運用で殖やす、など、ご自身に合った方法がよいと思います。

CF表は、エクセルを使いご自身でも作れないことはありません。

ただ、プロのFPが作るようなCF表にはならないかもしれません。

もしFP事務所等で相談しながら作る場合は、単にCF表作成だけでなく、そこから先の対策案まで一緒に打ち合わせることができます。

保険、住宅ローン、資産運用の設計など、主にファイナンス面について、専門的なアドバイスができます。

なお、巷には、無料を謳ったFP相談もありますが、それらは実は保険販売と抱き合わせになっていて、FP相談は、あくまで"無料のおまけ"という位置づけのことがあります。

住宅購入は、人生を左右するかもしれない重要な選択なので、きちんと相談料が設定されたFP相談サービスの方が安心と思います。

ご参考です。

相談
ファイナンシャルプランナー
住宅購入
住宅ローン
キャッシュフロー

評価・お礼

keyco1さん

2017/10/14 00:29

そうですね、人生を左右する大きな買い物ですので中立な立場のFPさんへのご相談含めて今一度考えてみようと思います。
ご回答ありがとうございました。

森本 直人

2017/10/14 10:17

コメントありがとうございます。

中立的なFP相談は、ぜひご検討ください。

ただし、すべてのFPが同じクオリティのサービスを提供しているわけではないので、事前にホームページ等で、そのFPの得意分野やアドバイス方針、相談料金、実際に利用した方の声などを読んだ上で、よさそうであれば申し込んでみるとよいと思います。

初回相談までは無料や特別料金で対応してもらえるケースもあります。

ご参考になれば幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンを組んでマイホーム購入について

2017/10/14 10:17 詳細リンク
(4.0)

keyco1さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動してる渡辺です。

『現在の家賃より高くなること、固定資産税や修繕費の積立も必要になること、一般的に言われる年収の5倍をしまうことなど、やはり無謀な計画でしょうか。』
につきまして、

住宅ローンを組む場合の目安として、
年収の5倍という数字をよく耳にしますが、
これは個別にとらわれること無く、
あくまでも一般的に住宅ローンを組んでも無理なく返済していくことができる、
年収に占める住宅ローンの負担割合ということになります。

私はこれまでたくさんの方の住宅ローン相談を受けてきましたが、
年収に占める住宅ローンの負担割合が35%を超えても、
毎月の家計がしっかりと成り立っていて、
住宅ローンの返済も毎月きっちりと行っているご家庭をいくつも見ています。

住宅ローンを組んだ後から家計を圧迫すること無く、
無理なく返済していくことが出来るかどうかにつきましては、
各ご家庭の家計管理の状況を確認しないと実際には分かりません。

具体的なお話をすると、
keyco1さんが今毎月支払っている家賃が月額65,000円となります。
これに対して住宅ローンを組んだ場合、
ボーナス返済を行わなかった場合の毎月の返済額は83,000円となりますので、
今の支払い家賃との差額は、18,000円となります。

この18,000円の負担増を毎月の家計支出項目のどこの部分を削減すれば、
やっていくことができるのかということが分かったうえで、
これを今後実行していくことが出来れば、
住宅の購入につきまして、前向きに考えていってもよろしいと考えます。

ただ、keyco1さんの場合、
ご主人様やお子さん達の年齢などを考慮すると、
今のこのタイミングが購入するのに最適な時期のように思われますし、
毎月、負担増となる18,000円につきまして、
例えば、時給900円とした場合、
keyco1さんが毎月20時間働けば補うことができる金額となります。
1日4時間・週5日働くことが出来れば、
補える金額となります。

よって、まず家計を確認していただき、
18,000円を削減出来そうな支出項目から削減することが出来ないか。
もし、10,000円でも削減することが出来れば、
残りの8,000円分だけkeyco1さんが収入を得られれば、
住宅ローンを組んで、マイホームを購入しても大丈夫ということになります。

以上、ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/


尚、

家計管理
住宅ローン相談
住宅ローン
ローン
家計

評価・お礼

keyco1さん

2017/10/15 22:58

やはり同じ負担率でもキツく感じる家庭もあれば、問題ない家庭もいるんですね!
まずは目先の金額だけだけでなく、毎月の固定費、支出の見直し、そして来年からの私の収入も考慮して考えてみようと思います。
ご回答ありがとうございました。

渡辺 行雄

2017/10/15 23:53

keyco1さんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたらご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
住宅購入のための家計診断をお願いします。 michellemamaさん  2015-03-05 14:59 回答3件
40代半ば夫婦、子供2人の場合の今後について まくさん  2014-12-10 14:16 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)