謝り上手は、可愛がられる - 職場の人間関係・雰囲気 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

謝り上手は、可愛がられる

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 職場の人間関係・雰囲気
プロとして生きる! キャリアを磨こう

この頃、「ありがとう」とお礼をいうシーンでも、「すみません」という表現を使う人が増えている。

これは、前にも、コラムにしたことがありますが、相変わらず、「癖」になってしまっている人が、気づかず使っているのは残念ですが・・・

謝るべき時に「謝らなければならない」のに、謝れない人が多いのも気にかかります。

先日、支払いが遅延している方から、入金のめどがたったというメールをいただかれた顧問先の社長が嘆かれたのは、

「長い間不愉快な思いをさせて申し訳ありませんでした」というメールに、「絵文字」が使ってあったんだよ。

しかも、星がきらきらするようなメールで、唖然としたねぇ・・・

わが社の社員に、そんなメールを出しているのはいないと思うが、至急、研修して箍を締めてくださいと依頼がありました。

感謝しましょうということばかりが、世の中でもてはやされているようだが、

お詫びこそ大切にしなければ、事業の継続は難しいんじゃないかねぇ・・とのこと。

確かに、人は間違いを避けるわけにはいかないものです。

何度も、失敗を繰り返しながらも、成功への足がかりを作っている人と、失敗を生かせず、社会から取り残される人との違いは、

「謝り方」にあると思います。

誠心誠意、お詫びをすることの重要性を、今一度、見直してみましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

このコラムに類似したコラム

遠回りしているように感じる迂回路ですが・・。 松本 仁孝 - 行政書士(2011/07/29 10:10)

御歳暮時期とクリスマス商戦の百貨店 竹間 克比佐 - 転職コンサルタント(2012/11/30 18:07)

飲食店の経営者 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/10 21:20)

自分の気持ちを伝える 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/02/14 20:23)