企業の目的は利益ではない!??? - 各種の仕事・職場 - 専門家プロファイル

阿江 忠司
コーチングOFFICE「気心地」 代表
兵庫県
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

企業の目的は利益ではない!???

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 各種の仕事・職場

倒産について思う事。

「企業の目的は利益ではない」

息子がAKBの前田敦子さんが出ているので

「もしも野球部女子マネージャーがドラッカーの『マネッジメンと』を読んだら

というDVDを借りてきてみました。


以前この本を読んでいたので借りてきたみたいでした。

やっぱりいいことが書いてあると思い

ドラッカーに興味がわいてきました。


ドラッカーによると

「企業の目的は利益ではない」と言っています。

?????えええええ??????

これを知た時は今更ながらショックでした。

長年利益を出すことが企業の目的だと思い込んで

それを追究することを考え続けた者としては。

 

利潤の追求を企業目的にしているから倒産したのだと

改めて思いました。

なりふり構わず儲け一直線にさえも進めなかったですが。

苦しくなると企業の中に利益を求めようとします。


どういうことかと言うと

「コストを下げることを目指します。仕入れコストを下げ

運営コストを下げ、人件費を下げて利益を出そうとします」

そうなるとお客様思考や取引先を泣かせても達成しようとします。

その結果、偽装や品質低下を招いてしまいます。


しかし、お金を貸している金融機関はまずそれに取り組むことを求めてきます。

そして銀行に責められる社長もそれを考え実行しようとします。

そしてそこでは働く社員たちは活力が無くなり

業績が上がらない原因を探し始めてばかりです。


自分たちの事業は何か?を考えていなかったのです。

自分達の商品「金型」は誰の為のものなのか?

それを使って製品を作る成形会社のものだと考え

その会社に役立つように丈夫で長持ち精度の高いものを

提供することが誇りであり使命だと考えていたのです。

 

それは金型屋の視点

自分がどれくらいの精度の高いものを提供しているか

他社ではできない製品品質を提供しているかの自己満足でしかない。

どんなもんだ!と言う自己顕示欲を満たすために金型を

作っていた気がします。

だから市場の変化やクライアントのニーズの変化にも気づかなかった。

 

企業の目的は顧客を創造し続けること

正にお客さんや従業員、取引先(仕入先・外注先)

金融機関も含め求められる価値を提供し続けることだと

振り返って思います。

サラリーマンであっても同じようです。

自分のが一つの企業だと考えれば自分の価値は何なのか?

どうすればどれを高めることができるのか?

いつどこに行っても通用するためには 普段から問い続け考え続けることが

必要だと思っています。特に中高年ならばなおさら。

企業倒産は他人ごとではありませんから。

今一度考えてみませんか??

コーチと共に。初回相談は無料でお受けします。


このコラムに類似したコラム

「ネクスト・リーダーズ・キャンプ」の第2回講義開催! 高田 裕子 - キャリアカウンセラー(2013/05/29 03:16)

日常会話で思うこと 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/01/28 01:31)

自社を改めて見てみると 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/01/17 22:08)

職場内の相互理解 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2011/12/27 21:00)