自分の気持ちを伝える - 仕事のやりがい - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

小松 俊明
小松 俊明
(経営コンサルタント)
大野 晴夫
大野 晴夫
(経営コンサルタント)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の気持ちを伝える

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事のやりがい

先日ある会社に伺い社長さんのお話をうかがいました。

この会社は昨年の開業した会社でしたが、設立メンバーは
なかなか経歴、実績のある方々で社長さんからご説明をされ
感心しました。

そして、今度のビジネスは今までの仕事とは内容がかなり
違っていましたが、実績が大いに活かせる素敵なビジネスだと
感じ興味が湧いてきました。

実は訪問をした目的はその会社さんの事業内容である人材紹介の
件でした。
そうなんです、ある方を紹介しました。

ここで思ったことが「自分の思いをどのように伝えるか?」
ということでした。

皆さんは、自分の思いを思い通りに相手の方に自信を持って
伝えていると言えますか?

自分の事を伝えようとした時、意外に冷静にいられなくなって
しまうのではないでしょうか。

自分の仕事に対する信条。
普段から会社では企業理念とか経営理念などは掲げてあり
当たり前のようにお話をされているのでしょう。

では、そのことは本当に社員の方全員も共感していますか?
形式になっていないでしょうか?

経営者はこのことを常々口にして伝えていかなくてならないと
思います。
何回も何回も伝え、自らその理念に従って行動して始めて
社員の方が理解して共感してもらえるのではないでしょうか。

ここに、経営者の姿勢が出てくると思います。

理解してもらい、共感してもらうにはしっかりと
「伝える」事も重要です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

企業理念 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2010/07/10 15:51)

御歳暮時期とクリスマス商戦の百貨店 竹間 克比佐 - 転職コンサルタント(2012/11/30 18:07)

飲食店の経営者 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/10 21:20)

職場内の相互理解 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2011/12/27 21:00)