仕事から何をつかみたいのか? - 仕事のやりがい - 専門家プロファイル

ベスト・コーチングプロ 代表者
ビジネスコーチ、経営者コーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

小松 俊明
小松 俊明
(経営コンサルタント)
須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
大野 晴夫
(経営コンサルタント)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仕事から何をつかみたいのか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事のやりがい

最近ある勉強会に参加して感じた事ですが参加している社会人(会社員)の方々が何を考えているのか分からないという事です

多くの方は勉強会に参加する目的をしっかり持って臨まれるのだと思いますが、会社で自分の役割をしっかり感じ捉えていらっしゃる方は少ないと思います

勉強会でお話しを伺うと現状に対する不満や不安をいっぱいお話になる

そのとき決まって話すのは自分以外の環境や人達のこと、自分は出来ているが周りができていない、能力がない、理解してくれない・・・・・

自分は夢があり、こんな会社にはいられないので転職をしたいと思っている

そんなに簡単にはいかないのではないでしょうか?

時代に逆行しているような話かもしれませんが、その方達に伺いたいと思います

「あなたは会社になんでいるのでしょうか?」「会社に対して何が出来ているのですか?」

皆さんは会社から皆さんの存在について普段から色々と言われていると思います

「会社にとって君はとても大事な存在だ」「思うように活躍してくれていいんだよ」「君の夢を実現してくれ」・・・

なんで皆さんはその会社を選び入社したのですか?

そこでどんな事をしようと思い入社したのですか?

今一度この事を考えてみてはどうでしょう

「思った会社ではなかった!」「この会社では自分は思うような仕事は出来ない」などと出来合い言い訳をして自分の行動を肯定して自分を納得させないで、そこをどう解決していくかが社員のあり方ではないかと思います

とても辛く厳しい事だと思います、しかしそれを乗り越えた時にはきっともっと大きな物を摑んでいると思います

決して一人で頑張れとは思っていません、そこに仲間がいます

その仲間とコミュニケーションをしっかりと取れば解決策はきっと見つかります

こんな時代だからこそもう一度人間関係を見直してみて下さい

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
ベスト・コーチングプロ 代表者

クライアントの“心”と“信念”に基づくコーチング

私は、何よりも「対話」を通じてクライアントに「気づき」と「自己と向き合う」効果を与え、思い込みを解き、「答え」を見つける支援をする事で、クライアントの行動を促し早期に目標達成していただくパートナーになります。

このコラムに類似したコラム

遠回りしているように感じる迂回路ですが・・。 松本 仁孝 - 行政書士(2011/07/29 10:10)

「自分」を「客観的」に見ることの難しさ 大野 晴夫 - 経営コンサルタント(2011/01/28 18:30)

「好きな仕事」と「仕事を好きになること」 大野 晴夫 - 経営コンサルタント(2011/01/27 10:01)

自分の役割は 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2010/10/21 10:31)