31.イニシアティブ(主導性、先見性) 「経営者の立場で」 経営者の心と視点をもち取り組む - 仕事のモチベーション - 専門家プロファイル

コーチ倶楽部 代表
埼玉県
ビジネスコーチ
090-6108-5900
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:仕事・職場

須貝 光一郎
須貝 光一郎
(ビジネスコーチ、経営者コーチ)
関澤 由香
(キャリアカウンセラー)
西田 淑子
(ビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

31.イニシアティブ(主導性、先見性) 「経営者の立場で」 経営者の心と視点をもち取り組む

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 仕事・職場
  3. 仕事のモチベーション

「経営者の立場で」

 

経営者にイニシアティブがなければ、その企業はなりたたない。逆に、いかに多くの従業員がリーダーシップを発揮できるかいなかが、企業が勝ち組の仲間に入れるかいなかの分かれ目になるのである。つまり、経営者の立場で考える人が、いかに多くいるかで全て決まるわけである。経営者の立場で考える人は、独自の洞察力を持ち、挑発的な疑問をぶつけてくる。そうした疑問に対する答えにしたがって態度や行動を決め、それによって会社の実績が左右されてくるわけである。

「もし、自分が経営者だったらこういう状況でどうするだろうか?」。コスト削減、顧客サービス、生産性向上などの課題に率先して取り組む従業員がいれば、競争が激化する業界の中で必ず優位にたつことができるわけである。

自分の会社で、全員が経営者になったつもりで行動するようになったら、どうなるだろうか? 経営者になれば考え方が変わってくる。経営者は常に組織に気を配り、その目標を積極的に追求していく。たとえば、経営者でない人は、往々にして、自分の行動が上司の目にどのように映るか、を気にするわけである。それに対し、経営者は、他人の目など気にせず、自分の行動が事業にどのような影響を与えるか、を考えるのである。

誰もが、経営者の心と視点を持ち、献身的で誠実に仕事を取り組んでいくことになれば、おのずと結果はみえてくるのである。

掲載続く

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / ビジネスコーチ)
コーチ倶楽部 代表

平静心コーチング(安定と勇気の形成)

特徴として、クライアントは長く継続してコーチングを受けてる人が多い。 人としての信頼をベースに、経験豊富なビジネス成功体験から、若き女性の恋愛コーチングまで、人間関係の本質をシンプルに説明できる日本でも有数なプロコーチである。

090-6108-5900
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

飲食店の経営者 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/10 21:20)

自分の気持ちを伝える 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/02/14 20:23)

遠回りしているように感じる迂回路ですが・・。 松本 仁孝 - 行政書士(2011/07/29 10:10)

「自分」を「客観的」に見ることの難しさ 大野 晴夫 - 経営コンサルタント(2011/01/28 18:30)

「好きな仕事」と「仕事を好きになること」 大野 晴夫 - 経営コンサルタント(2011/01/27 10:01)