竹内 和美(研修講師)- コラム - 専門家プロファイル

竹内 和美
実践型研修で、結果が即・行動に現れます

竹内 和美

タケウチ カズミ
( 研修講師 )
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.1/14件
サービス:0件
Q&A:42件
コラム:1,039件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

1039件中 1~10件目RSSRSS

話して気づく 自分の気持ち NEW

話して気づく 自分の気持ち スタッフから、昼休憩の直後、さっき言えなかったことがあるんですけど、聴いてもらってもいいですか?と声をかけられました。 我が事務所では、最善を尽くすために、手放したほうが良い問題は、仕事中であっても、最優先に片づけましょうという姿勢なので、もちろん、今日もいいよ!!と二つ返事で話をスタートしてもらいました。 抱えている問題そのものや、背景、自分の気持ちなどについて、質問を挟みながら聴いていくうちに...(続きを読む)

2018/09/20 19:15

人格磨き 具体的な取り組み方 NEW

人格磨き 具体的な取り組み方 ビジネスに携わる人生の成功の要因の一つに、人格面を上げる成功者は多くいらっしゃいます。物事をなす時、最後にモノを言うのは人格。人間的に魅力がある人は、必ず誰かが助けてくれると成功体験の過程のトピックスとともに語られるこれは真実でしょう。 では、人格権を磨くためにはどうしたら良いか?そもそも人格を磨くってどういうこと?ですよね。いろいろな面があると思いますが、その中の一つ。「思いやり」の心を育む、大...(続きを読む)

2018/09/19 10:59

責任感のない人に仕事を振るなら

責任感のない人に仕事を振るなら 指示した仕事を、期限までにやらなくても平気な部下を抱えると。イマドキは、難しくて、ちょっと注意したら、社内のパワハラ委員会に駆け込まれるという事故にあった方からの相談が急増中です。 ハラスメント予防には、信頼関係作りと維持が欠かせないのですが、それは、常に相手への働きかけが必要で、時間のかかることでもあります。 そして、何より、一人一人に責任感をもってもらうかは、もっと相手に対する働きかけや、時間...(続きを読む)

2018/08/27 16:55

普通って??

普通って?? 一般常識とか、マナーとか。これが当たり前という手順や考え方が通用しなくなった。 では、こんな混沌とした中で、何に基準を置けばよいか。 もし、そういうものが必要であるなら、 「誰か(家族、友人、世間の人)のためになるか」と、「自分のためになるか」を軸にしてみましょうか。 誰かのためだけでは、心は疲れるし、自分のためだけでは、人間関係を崩すし、結局、今の時代でも、中庸、バランスは求められるということに...(続きを読む)

2018/08/24 12:08

始めた時と今が違う戸惑い

始めた時と今が違う戸惑い 何かを始める時は、ワクワクするし、やる気に溢れていて、少々無理なことでも、押し切って形にすることができます。 でも。3年もたてば、わくわくする気持ちより、疲れを感じたり、想像と違う結果に、がっかりしたりするようになることでしょう。 こんなはずじゃない・・・その気持ちは、次の一手、次の一歩をためらわせてしまうことでしょう。 そんな時に、始めた時に戻れれば一番ですが、ざっくり方向を決めただけで進んでき...(続きを読む)

2018/08/23 19:45

人材育成に成功するのための科学

人材育成に成功するのための科学 17世紀の科学革命のころまでは、体系化された知識や経験の総称という意味で用いられてきた「科学」。(参照https://ja.wikipedia.org/wiki/科学)人材育成に成功するためには、同じように、根拠や原因の追及、実験やどういう現象が起きているのかを確認する必要があります。また、一定の法則や方程式を持つことも必要かもしれません。そういう意味では、数学的な要素も必要になることでしょう。あ...(続きを読む)

2018/08/16 14:36

叱られない世代が叱る側に立つときの失敗

叱られない世代が叱る側に立つときの失敗 まだ、少し早いと思いますが、常に先に手を打つのが経営層、管理層の仕事の一つ。叱られない世代が、叱る側に立つとき、当然起こるだろうことは、「叱り方がわからない」ことから起きる混乱であることは、誰でも簡単に推測できることでしょう。叱るにもルールは存在するわけで、一般的に言われる、・人前では叱らず(注意しない)褒める時は人前で。・何が悪いか指摘だけするのではなく、改善策を提示する・どんな行動を起こすべき...(続きを読む)

2018/08/03 10:39

想いを繋ぐ難しさ

想いを繋ぐ難しさ 中小企業の事業承継のための税制の優遇は、今年から10年間の特例措置です。どうしても、事業承継=資産、財産の継承とみられがちですが、実は、想いや、能力、スキルの継承も、天秤の片側なのです。 アイデンティティとか、理念とか。創業者の「想い」のたすきをどうつなぐか。 戦略や戦術は、次代や経営環境に合わせて変化させることはあっても、根っこの元の元にある「想い」は、そうそうやすやすと変えるべきでなありません...(続きを読む)

2018/07/31 19:32

仕事が人を育てる(第一印象づけ)

仕事が人を育てる(第一印象づけ) 常々、よく聞く言葉かもしれません。人が仕事と向きあう時、できなことができるようになれば、自分に何らかの影響があります。自信が持てるようになるとか、満足感が高まるとか。もっとやれるんじゃないか?残念だった・・・なんていう影響もあるかもしれません。いずれにしても、人は、様々な成長の機会を持っているのですが、仕事もその一つです。では、なぜ、仕事が人を育てるというのかと言えば、人の能力や技術が上がるだけで...(続きを読む)

2018/07/18 17:21

ありがとうの掛け残

ありがとうの掛け残 中間管理者のリーダーシップやマネジメント研修でときどき使うのが、「ありがとうの掛け残」。ありがとうとお礼を言うと、部下の中に自己肯定感が残り信頼が残る。ありがとうとお礼を言うと、お客様は、いえいえこちらこそありがとうございますとおっしゃるばかりか、気持ちよくお支払いいただけることで、利益が残る。ありがとうから派生する利益は、外的報酬も残るし、内的報酬感も残って、こんなに効果性の高い係わり方はないの...(続きを読む)

2018/07/12 19:21

1039件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム